手越祐也★VIBRATION★ラップ作詞★櫻井翔くん&レコーディング来た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也★VIBRATION★ラップ作詞★櫻井翔くん&レコーディング来た」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・手越祐也」と「増田貴久、フリーアナウンサー・宮島咲良」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」です。「10月30日」の「オンエアー」では、「手越祐也」が「嵐・櫻井翔」に「“ラップの歌詞提供”」をしてもらった際の裏話を語りました。

この日の放送で「8周年」を迎えた同番組です。「宮島咲良」は「2014年5月」から加わりましたが、「5年」も「テゴマス」「手越&増田」の「アシスタント」をしているだけあって、毎回「3人」で息の合った「トーク」を繰り広げています。最近は「エンディング」で「宮島咲良」がお便りの募集先を「リスナー」に伝える時に、「手越祐也」と「増田貴久」が関係ないことをしゃべって邪魔をする「パターン」が恒例化しています。「30日」は、「増田貴久」が「手越って、韻踏んでラップできる~?」と切り出し、「手越祐也」が「いや、ラップあんまり得意じゃないけど」と返すも、強引に「できるよね~。じゃあ俺に続いてラップしてね!テゴマスのらじお~」「増田」と、「ラップ」が始まりました。

「増田貴久」の「フリ」に対し、「手越祐也」は「俺の尻尾ぉ~」と乗っかりましたが、「増田貴久」と「宮島咲良」は謎の「ワードセンス」と、「リズム」の悪さが気になったようです。その後も「テゴマスのらじお~」「増田」「おぉ~、ジオグラフィー」「手越」「ジオ?」「増田」「ラジオグラフィー、フォトグラファー」「手越」と、「グダグダ」な「ラップ」になっていました。宛先を読み終えた「宮島咲良」が、思わず「ちょっと待って、え?才能なさすぎじゃない?」と「ツッコ」むと、「いや、俺ラップの才能ないよ」と、すんなり認める「手越祐也」です。「NEWSの楽曲も昔から、ラップっぽい部分あったりするじゃん。俺、必ずレコーディングしてんのよ。必ず俺の歌割りじゃないから!」と、「キッパリ」言い切りました。




これを受け、「増田貴久」が「「ラップ部分を」レコーディングしたことあるんだ」とつぶやくと、「手越祐也」は「あるよ!」と返し、でも歌割りは「必ず「手越」って書いてない」と、返答します。「2人」いわく、以前の「レコーディング」は、「各メンバー」が曲を「フル」で歌い、その後「“いいとこ取り”」の形で「1つ」の楽曲に仕上げていたそうです。そのことを思い出し、「ラップも全部俺、歌ってるんだけど。手越になったことほぼない」「手越」「ないんじゃない?1回も。メンバー紹介ラップはあったけどね」「増田」「あ~、はいはいはい。櫻井翔くんに俺は作っていただいた」「手越」と、回顧します。以前から「櫻井翔」を慕っており、彼を囲む「兄貴会」の「メンバー」でもある「増田貴久」は「ズルいんだよ」と、嫉妬心を口にし、すると「手越祐也」は、

「ラップの才能がないから、俺はチート「不正行為、ズル」を使ったんだよ。櫻井翔くんに「すみません」と。「山Pさん「山下智久」のラップを紹介するところを、ぜひ翔くんに作っていただきたいです」って言ったら「いいよ~」って言って。翔くんが作ってくれたから、カッコいいのよ「笑」」

と、悪びれる様子もなく告白しました。「山下智久」の名前が挙がった通り、これは今の「手越祐也、増田貴久、加藤シゲアキ、小山慶一郎」に加えて「山下智久&錦戸亮」が所属していた「6人体制時代」の話のようです。さらに「増田貴久」は、

「自分で、隣の人がラップで紹介していくっていうとこなんだけど。みんな若い頃だし、今よりも全然ね。そのラップなんて知らない、スキルも知らないから。いろいろこう、一生懸命考えて。なんとなくこうやって踏むんじゃない?韻って「こう」踏むんじゃない?みたいにやった時に、手越のところだけクオリティ高すぎて。そこだけめちゃめちゃカッコいい」




と、試行錯誤した自分たちの歌詞と、「櫻井翔」作の「手越祐也パート」では出来栄えに差があったと指摘します。「手越祐也」は「なぜなら翔くんが作ってるから「笑」。しかも、翔くんがレコーディングスタジオに来てくれて、目の前で歌ってくれたのを、俺は真似して歌ってるから。もう「“翔くん節”」よ、だから。翔くんのおかげで「山下の紹介ラップが」カッコよくなったんですよ」と振り返りました。番組内で「メンバー紹介ラップ」の詳細な情報は出ていなかったものの、これは「NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008」で歌った「VIBRATION」という「1曲」だそうです。熱心な「ファン」は、「櫻井翔」の協力について把握していたようですが、同曲は「CD化」されていない上に、「ラップ」の題材となった「山下智久」も「2011年」に脱退しています。近年、「ファン」になった人の中には、この「エピソード」を知らない人もいるようです。

「ネット」上では「翔くんに作ってもらったのは知ってたけど、まさかレコーディングに来て歌ってくれていたとは」「翔くんがレコーディングスタジオに来て、お手本見せてくれたのは知らなかった」との声や、「手越くんラップって、翔さん作詞なの!? 今日一番ビックリした」「確かに「VIBRATION」のラップ、翔ちゃんに似てる!」「増田さんだけじゃなく、手越さんも翔ちゃんとの接点があったんだ」と、驚きの反応が見受けられます。

ちなみに、「櫻井翔」は「メンバー」の「二宮和也」とともに「NEWS CONCERT TOUR pacific」を見に来ていたため、「一部ファン」は今回の「ラジオ」をきっかけに「山Pの紹介ラップを翔くんに作ってもらった話、懐かしいな。「pacific」は翔くんとニノも来てくれたもんね」と、思い返していました。

昨年「6月公開」の「週刊文春デジタル」の動画や記事で、「手越祐也」が六本木の「バー」にて「CHEMISTRY」の「Wings of Words」に合わせ、「いちばん嵐のファンが多いけど 東京ドームで口パク聞いてる~」と歌詞を変えて歌っていたことが報じられ、双方の「ファン」が「ザワ」つく事態になりました。とはいえ、本人同士は「10年以上」前から信頼関係で結ばれていたのでしょう。「山下智久」の脱退によって、「VIBRATION」は「“幻の曲”」になってしまっただけに、また何かの形で「コラボレーション」が実現する機会を待ちたいですね。

後輩「手越祐也」の為なら協力を惜しまない「櫻井翔」の優しさに「ジャニーズ」の絆の深さを感じてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。