高橋海人★ZIP!★ナレーションイジり★斬新&よかった&ファン歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「高橋海人★ZIP!★ナレーションイジり★斬新&よかった&ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「10月28日~11月1日」は、「高橋海人」が「パラリンピック競技」の「ボッチャ」に挑戦しました。

「ボッチャ」とは、「青・赤」の「カラーボール6球」を投げたり転がしたりして、「“ジャックボール”」と呼ばれる白い的球へ、いかに近づけるかを競う「スポーツ」です。今回は、「2016年リオデジャネイロパラリンピック」の「団体銀メダリスト・廣瀬隆喜選手」と試合をしながら、「日本ボッチャ協会」の「新井大貴氏」から「ルール」を教えてもらうことになりました。




「1投目」でいきなり的球に近い位置へ「カラーボール」を投げることができ、「高橋海人」は「結構ね、器用なんですよ僕」とご機嫌になります。ですが、「カラーボール」と的球の距離が「約50cm」だった「高橋海人」に対し、「廣瀬隆善選手」は「約10cm」の位置へ投球しており、その差は歴然でした。「ナレーション」では「これがメダリストと「“黄色ジャージを着た素人”」との差」と「イジ」られていました。なお「高橋海人」は、前回の出演時から「黄色ジャージ」「ひまわりイエロー」などと、なぜか「メンバーカラー」で呼ばれています。

「2投目」からは、「1投目」で的球から遠かった方の選手が、相手選手より近くに寄れるまで「カラーボール」を投げていく「ルール」です。ということで、「高橋海人」が「カラーボール」を投げるも、なかなか的球に近寄れません。そこで、「コントロール力」をつけるため、投げ方から練習をすることになりました。「カラーボール」は「ハード・ミディアム・ソフト」と硬さが「3種類」に分かれており、的球に寄せたい時、相手の「ボール」をはじく時など、目的に合わせて使い分けることが必要なのだそうです。

「A4サイズ」の用紙に「ボール」を乗せる「コントロールショット」、相手の「ボール」を弾き飛ばす「パサーショット」を練習し、さらに試合の状況に合わせた「テクニック」を学んでいく「高橋海人」です。相手の「ボール」が手前にあり、的球に自分の「ボール」が寄せられない といった状況での対応を解説してもらうも、「廣瀬隆善選手」ですら「一番難しいかもしれない」と苦笑いします。




これを聞き、すっかりやる気を失って不貞腐れる「高橋海人」の姿に、再び「意気消沈するひまわりイエロー」「グレはじめたひまわり」と、「ナレーション」が「イジ」ります。さらに、最後に行われた試合でも、「高橋海人」が相手選手に対して「プレッシャーを与えられた」と発言したことに対し、「口でもプレッシャーを与える姑息なひまわりくん」と「ナレーション」が入っていました。

「高橋海人」と「ナレーション」の「“掛け合い”」には、「ファン」から「「ZIP!」は海ちゃんがお気に入りなのか「笑」」「選手でもスタッフでもなく、ナレーションが逐一ツッコミを入れるって斬新だな」「こんなにも海ちゃんのメンバーカラーがひまわりイエローでよかったと思ったことはない」といった声が寄せられていました。

これかれらも「高橋海人&ナレーションいじり」が「ワンセット」となり企画を盛り上げていってくれるような気がしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。