二宮和也★嵐にしやがれでの一言★さすが&グッときた&ファン感動の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★嵐にしやがれでの一言★さすが&グッときた&ファン感動の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が、「11月2日」に放送されました。この日の「隠れ家ARASHI」は「二宮和也」が「MC」を担当し、「ゲスト」には「ハリウッド俳優」の「ウィル・スミス」が登場しました。

冒頭、「今夜のお客様は、世界で活躍するスーパースターだそうです」と紹介した「二宮和也」です。「ウィル・スミス」が「スタジオ」に現れると、「出た!」と目をまん丸にして驚いていました。「ウィル・スミス」はそんな「二宮和也」を「ニノ!」と言って抱きかかえ、そのまま一回転します。「二宮和也」を子どものように扱い、「ウィル・スミス」は「元気してた?」と笑顔を見せます。




今回、「ウィル・スミス」の来日期間は「“3日間”」という短さだったものの、現在公開中の主演映画「ジェミニマン」の面白さを伝えるため、「バラエティ番組」では唯一、同番組に出演したといいます。「二宮和也」は「なんで「嵐にしやがれ」なんだろう?」と首を傾げつつも、「ウィル・スミス」を歓迎しました。

そんな中、「ウィル・スミス」がこれまで演じた中で「一番大変だった役」として、映画「ALI アリ」「2001年」の「モハメド・アリ役」を挙げ、「1年半もボクシングのトレーニングをした」とその過酷さを説明しました。ここで「二宮和也」が「“仕事のモチベーション”」は何かを聞くと、「ウィル・スミス」は「アーティストとして創作することが好き」と答えます。すると、「ウィル・スミス」も「何が「仕事の」モチベーションになってる?」と質問し、「二宮和也」は「帰ってゲームするため」と「キッパリ」。「スタジオ」は爆笑に包まれました。

また、「ウィル・スミス」は「YouTuber」としても活躍しているとのことで、「二宮和也」が動画を「プロデュース」することになりました。日本の「バラエティ番組」では定番の「箱の中身はなんだろうな?」や、「叩いてかぶってジャンケンポン」をしながら、「2人」は大はしゃぎします。「叩いてかぶってジャンケンポン」は「二宮和也」の「ストレート勝ち」となり、「“ジャンケンが弱い”」という「ウィル・スミス」の弱点が露見します。「二宮和也」は遠慮なく、「映画であんなに強いのに、ジャンケンめちゃくちゃ弱い!」と、「ハリウッドスター」をいじり倒していました。




最後には「僕一人だけではなく、嵐っていうグループがいますので。今度はみんなそろってジャンケンをしましょう!」と、「ウィル・スミス」に提案した「二宮和也」でした。「ウィル・スミス」は快く「嵐全員とジャンケンする!」と意気込んでいました。

この日の放送に「ネット」上では、「いつでもグループのこと考えてるニノ、さすが!」「何気ない最後の一言にグッときた」「今度はぜひ、嵐全員と対決してほしい!」という「ファン」の声が。どんな時でも「“嵐”」という「グループ」を忘れない「二宮和也」に感動したようですね。

「嵐メンバー」と一緒に活動する時間も一年余りとなり「二宮和也」の胸中には「メンバー」との思い出をいっぱいにしていきたいようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。