横山裕★グループ内で疎外感を味わう★つらい&本音ポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「横山裕★グループ内で疎外感を味わう★つらい&本音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」が、「11月2日」に放送されました。「メンバー全員」でさまざまな「ゲーム」を楽しむ「関ジャニ∞BASE」の「コーナー」が行われました。




今回は、「5枚」の「カード」を「ランダム」に振り分け、「1枚」だけ違う言葉が書かれた「カード」を持っている「“ぼっちっち”」な「メンバー」を探り当てたら勝利という、「ぼっちっちはお前だ〜!ゲーム」に挑戦しました。実はすでに同番組でこの「ゲーム」が行われており、その際は「横山裕」が何度も「“ぼっちっち”」になり、人間不信に陥るという展開で大いに盛り上がっていました。

そんな「横山裕」は今回、自ら「カード」を「シャッフル」し、「メンバー」へ手渡すことになります。「5枚中4枚」に「安田並に天然の女性」、残り「1枚」には「村上並に関西弁の女性」と書かれており、「メンバー5人」の探り合いが始まりました。まず「横山裕」が、この「カード」に書かれている女性を「好き?」と尋ねると、「嫌いじゃない」「大倉忠義」「嫌いじゃないけど、めっちゃ好きかと言われるとそこまででもないかな」「村上信五」「これはこれやからいい」「丸山隆平」と答えられ、「横山裕」はなんともいえない表情を浮かべます。

逆に、「横山裕」はこの女性をどう思うのかと問われたところ、「受け入れられるのかな?」と「コメント」します。これに「村上信五」は「率先してではないけど、俺は受け入れられるよ。それはそれでいいんじゃない?それに対して拒絶はないですよ」といい、「カード」に書かれた女性の特徴は、自分にとって大きな問題ではないと説明します。ほかの「メンバー」からも「そんなに難しい?」「安田章大」「難しく考えすぎ」「丸山」「そこまで考えてなかった」「大倉」と指摘され、またしても「横山裕」に「“ぼっちっち”」疑惑が浮上しました。




その後、「丸山隆平」が雑誌の取材で「好きなタイプ」を答える際、「カード」に書かれているような女性を選ぶと打ち明けます。すると突然、「横山裕」が「俺だな。つらいけど俺だな」と言い出し、「“ぼっちっち”」は自分だと予想します。ここで、「5人全員」が一斉に手元の「カード」を見せると、「村上並に関西弁の女性」の「カード」を選んだ「“ぼっちっち”」は、「横山裕」だと判明します。見事に正解したわけですが、またしても疎外感を味わい、切ない表情を浮かべる「横山裕」でした。

この放送に「ネット」上では、「逆にここまでぼっちっちを引き当てる運がすごい」「またヨコがぼっちなの!? どんだけ「“持ってる”」んだ!?」「横山くんには悪いけど、次回もまたぼっちになってほしい。面白いので「笑」」といった「コメント」が寄せられていました。

「横山裕」のお陰で「コーナー」が盛り上がるのであればこれからも「ぼっちっち」でいてほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。