堂本光一★堂本剛に イラっとした&リアル脱出ゲームで本音ポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★堂本剛に イラっとした&リアル脱出ゲームで本音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系、11月2日放送」に、俳優の「神木隆之介」と「皆川猿時」が「ゲスト出演」しました。「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「神木隆之介」のやりたいことは、「「リアル脱出ゲーム」がしたい」というものでした。

「リアル脱出ゲーム」とは、謎や暗号を解き明かし、制限時間内に「“絶体絶命の危機”」から脱出を目指す、「体験型イベント」のことです。「神木隆之介」はこの「ゲーム」に「ハマ」っているらしく、「KinKi Kidsと一緒にやりたい」と「リクエスト」しました。




ということで、一行は「新宿・歌舞伎町」にある「東京ミステリーサーカス」へ向かいます。ここは「15種類」の「脱出ゲーム」が楽しめる謎解き専門の「テーマパーク」で、今回は「ブンブブーン」のためだけに、「オリジナル脱出ゲーム」を用意してくれたといいます。

「無実の罪で牢屋に収容された4人が、制限時間40分で脱獄に挑む」という設定で、題して「ブンブブーン刑務所からの脱出」です。「“囚人服”」に着替え、「神木隆之介&堂本光一」の「ペア」、「堂本剛、皆川猿時」と「3つ」の牢屋に分かれて謎解きに挑みます。「ゲーム」を行うにあたり、「それぞれ手錠と鎖を外し、牢屋を脱出して合流」「刑務所出口の鍵を解錠すれば脱獄成功」「しかし、出口の前にいる看守の対処が必要となる」と「3つ」の「ルール」が設けられており、「4人」で情報を共有することが脱獄への近道となります。

ここで、「お笑いコンビ・サバンナ」の「高橋茂雄」が「“天の声”」として登場します。実は「高橋茂雄、脱出ゲーム」の「企画プロデュース」を行うほど、謎解きに精通しているそうで、今回は「4人」の脱獄を「サポート」することになります。早速発表された最初の「ミッション」は、「剛の手錠を解錠せよ」というもので、「堂本剛」が「“好きな女性のタイプ”」を答えると手錠が外れる、という問題でした。「なんやねん!?」と「ツッコミ」を入れつつ、「堂本剛」は「肌質のキレイな人」と答え、無事に手錠が外されました。




その後、「4人」で協力して次々と謎を解き明かしていくも、制限時間内に脱獄することはできず。「“延長戦”」の末、見事脱獄に成功しました。最後に「ゲーム」を振り返ったところ、「堂本光一」が「俺らアカンな、こういうの」と反省し、「堂本剛」も「「“感覚と力”」でいこうとしてるから」と同意します。さらに、一部始終を見守っていた「高橋茂雄」は、「堂本剛」を指さして「一番ポンコツよ!」と「ツッコミ」を入れました。「ゲーム」中、「堂本剛」の胴体に鍵が付けられていることを、「堂本光一」が「ほら、「“胴”」に鍵が付けられてるやろ!」と教える場面があったのですが、「堂本剛」は「どう?」と「ポカン」としており、その瞬間を見て「一番ポンコツだと思った」という「高橋茂雄」でした。

「堂本光一」もこの場面について「正直、イラっとした!」と明かし、「神木隆之介」と「皆川猿時」も爆笑します。とはいえ、「こういうのが出るところがおもしろい」「高橋」「性格が出ますね」「神木」と、謎解き好きの「2人」からしみじみ語られており、「堂本剛」の「ポンコツ」ぶりが「ゲーム」の面白さを引き出していたようです。

この放送に「ネット」上では、「ポンコツなつよしさんが超かわいい!ノーカットで見たい!」「めっちゃ面白かった。脱出ゲームやってみたいなあ~」「4人の性格が出てて終始爆笑。剛くんの「どう?」で一生笑ってられる」などの「コメント」が寄せられていました。

関西人特有の「ボケ」がどうしても出てしまう「堂本剛」の「ポンコツ」ぶりには笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。