相葉雅紀★地元・千葉で 誰&野球の人の声★大スターに薄い反応続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★地元・千葉で 誰&野球の人の声★大スターに薄い反応続出」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が、「11月1日」深夜に放送されました。「10月12、13日」に「大型台風19号」が関東地方や東北地方を横断し、広範囲に甚大な被害を及ぼしたことが記憶に新しいのですが、「相葉雅紀」は「同月20日」に「福島県・郡山」へ赴き、「ボランティア活動」を行っていました。実は「9月」に発生した「台風15号」の際も、「地元・千葉県」にある幼稚園や「老人ホーム」を訪問しています。




これについて「リスナー」から、「ニュースによると、子どもたちにはトートバッグやミニタオル、図書カードやクレヨンなどをプレゼントされて、「最初から最後まで笑顔を絶やさなかった」と書いてありました。お年寄りの施設では、相葉さんが「みなさんと同じ目線で話したいので」とおっしゃってステージから降りられたらしく、本当に優しい方だなと心から思いました」という「メッセージ」が寄せられました。

近年、台風によりさまざまな被害が出ていることを心配しつつ、「相葉雅紀」は「僕、ホントに休みの日で」と、千葉への訪問は完全な「プライベート」だったと告白します。「ボランティア」を行うにあたり、市役所へ「何かできることありますか?」と相談したところ、幼稚園「1つ」と「老人ホーム」「2つ」を紹介してもらい、そこを訪れたのだそうです。

また、訪問先の幼稚園ではたまたま運動会が開催されており、「千葉の大スターが来ています!」と紹介されたという「エピソード」も。親や先生は大喜びだったというのですが、肝心の園児たちは「やっぱね、わかんない子が多かったのかな。「誰?」「お兄さん、野球の人?」みたいな」と薄い反応で、「相葉雅紀」のことを知らない子も少なくなかったそうです。その後、幼稚園を見学するだけのつもりでしたが、父兄と園児が「ペア」になって行う「“大玉ころがし”」で「相葉くんやってください!」と参加を促され、「アンカー」を務めたといいます。




「相葉雅紀」はそうした活動を「楽しかったですよ。喜んでくれてたらいいな、という感じですかね」と振り返り、「大変な人たちはまだまだたくさんいるんでね。元の生活ができるように願ってますし、また何かできることがあれば、やっぱり僕らもやりたいし、探してお手伝いできたらなと思ってますんで」と、今後も積極的に支援を続ける意向を示しました。

放送後は、「ファン」から「オフの日にボランティアって 相葉さん、お忙しいのに立派です」「大変な状況に置かれた人を笑顔にするって、アイドルらしいボランティアだね!」「相葉ちゃんの地元愛を感じる放送だった。私も何かできるかなあ」といった声が寄せられていました。

幼稚園児から見れば「ジャニーズアイドル」も若いかっこいいお兄さんにしか見えないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。