大倉忠義★ジャニーズSNS★偶像性薄れる&懸念★ファンから共感続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★ジャニーズSNS★偶像性薄れる&懸念★ファンから共感続出」の事をお伝えしたいと思います。

「11月3日」に「CDデビュー20周年」の節目を迎えた「嵐」が、「5つ」の「SNS公式アカウント」を一斉に「“解禁”」し、大きな話題になっています。「嵐」は、「10月」にも「動画配信サイト・Youtube」に「公式チャンネル」を立ち上げて「ファン」を喜ばせましたが、今回は「Twitter、Facebook、インスタグラム、ショートムービーアプリ・TikTok、中国版Twitter」の「Weiboアカウント」を開設したようです。今後の展開に注目が集まっています。

これまで「肖像権保護」の観点などから、「ネット」上での画像や動画の公開に消極的だった「ジャニーズ事務所」です。ですが、「昨年3月」に「YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」が「スタート」したほか、「今年5月」には「山下智久」が「ジャニーズ史上初」の「公式インスタグラムアカウント」を取得しました。「同8月」にも「ジャニーズJr.」の「SixTONES、Travis Japan」の「アカウント」が誕生し、「weibo」は「山下智久、木村拓哉、Jr.」の「Snow Man」が取り組んでいます。また、「6月」に「4人組ユニット・ふぉ~ゆ~」が、「ジャニーズ所属グループ」で初めて「LINE」の「公式アカウント」を開設しており、「ネット」や「SNS進出」が相次いでいます。

「嵐」は「2020年末」での活動休止が決まっているだけに、「11月3日」に行われた会見では「メンバー」の「松本潤」が「僕らは期限が決まっている。だからこそできるチャレンジもある」と、「SNS始動」について「コメント」しました。「嵐ファン」からは「SNSで嵐とつながることができてうれしい!」「ジャニーズのSNSは反対派だったけど、いざ始まると楽しくてしょうがない!嵐、ありがとう!」と、歓喜の声が続出しています。

とはいえ、「一部ジャニーズファン」の間では「ジャニーズは手の届かない場所にいてほしい派。チャレンジなんて理由つけられても納得いかない」「ジャニーズのSNSをやらないスタンスは、時代に染まってなくてかっこよかったんだけど」「嵐みたいなスゴいアイドルは、ずっとレアな存在でいてほしい」「アイドルは安売りしなくていいし、近くなりすぎるといろいろ歪みが生じる」と、批判的な声も少なくないようです。




こうしてさまざまな反応が出る中、「関ジャニ∞・大倉忠義」が偶然にも「ラジオ番組」で「SNS」にまつわる持論を展開しました。「ライブ配信サービス・SHOWROOM」を手掛ける「前田裕二社長」が「パーソナリティ」を務めた「前田裕二のオールナイトニッポン」「ニッポン放送、11月4日深夜放送」に「ゲスト出演」し、昨年から携わっている「関西ジャニーズJr.」の「コンサート」の「演出・構成」について語ったのでした。

「プロデュースでいうと、ジャニーズの場合はたぶんファンの人が考えることが一番のものだと思うんですよね。一番のプロデューサーになれると思うんですけど。一番はたぶん、「“自分がファンになること”」だと思うんですよ。関西Jr.をなんかするってなるんだったら、自分が一番たぶん好きでいなきゃいけないし っていうのが前提であるとして」

と、後輩の面倒を見る上で相手に愛を持って接することが重要だと説明しました。このほか、「ファン」との距離感について、

「あまりにも僕たちの裏側を見せすぎるのもよくないな、というのもあって。今や全部、身近になりすぎて。SNSがあることにより。「ファンとの距離が」近いことによって、うーん。いいんですけど、身近な存在になることは。ただ、銀幕時代ですね。映画の時とかっていうのが全てだった時っていうのは、もう国民がほぼほぼ映画館に行って銀幕スターっていうのが現れたっていうのがあって。で、テレビっていう中に夢を見て。っていう時の偶像性が、まぁ薄れてるなっていうのは思うんですけど」

と、言葉を選びながらも熱弁しました。さらには「全てに関して、はやりに乗ってやっていいもんじゃないなと思って。やっぱ目的がないと、変な「“大多数の1”」になるっていうのは、よくないなと思うので。何か目的があって「SNSを」やってるならいいですけど」などと、「SNS」に関する「大倉忠義」なりの考えを語りました。直接的に「嵐」の話題に触れたわけではありませんが、最近の「ジャニーズ」の動きに対して、「タレント・プロデューサー目線」で思うところがあったのかもしれません。




一方で、自分たちの時代と、今の「Jr.」の異なる点を問われた「大倉忠義」は「違った部分って、ほぼないんですけど、でもSNSを使いこなしてるとことか」と切り出し、後輩は「エゴサーチ」「自分の名前を検索すること」などを「普通」にしていると暴露しました。

「「こういう反応があったんですけど、大倉くんどう思いますか?」みたいなことも言われますし。それは新しいなと思いますね。「中略」僕らで言うと、2ちゃんねる「掲示板の現5ちゃんねる」ですよね、きっと。見てた時もありますけど。でも結構、辛らつな意見が多かったりとか、その「“はけ口”」みたいになってるところはあったんで。強い感じがスゴくしてたんですよね。「SNSは」それがマイルドになってるからっていうのもあるんですけど。でも、それを見すぎてて、逆にメンタル的にダメージを受けてるなっていう子もいるんで」

と、「SNS」が「タレント」に及ぼす弊害に言及します。うまく「SNS」と付き合える場合は問題ないものの、「心配になる子は「ちょっと見るのやめたら」っていう感じ」はあると話しました。

こうした「大倉忠義」の言葉に、「ジャニーズファン」からは「裏側は見たくない派だから、大倉さんの考えに安心した」「手が届かない偶像性があるからこそ、あこがれ続けられるし、お金を払って追いかけたい。大倉くんは信頼できる」「偶像性とかの話も納得だし、大倉プロデューサーの考えは共感できることが多い」「ジャニーズは写真とかSNSに厳しくして、偶像性があったからこそトップに上り詰めた感じがある。そこまで規制をゆるくしないでほしいと思ってたから共感」「大倉くんが「ある程度の距離感で偶像性を」という考えを持っていることを知れてうれしかった」と、理解を示す声が多数見受けられました。

「嵐」の「SNS解禁」が行われた「タイミング」とあり、「ジャニーズ」と「SNS」の関係に考えを巡らせる人も多かった様子ですが、今後は「タレント自身」が「SNS」で何かの「トラブル」に巻き込まれぬよう、「スタッフ」の「サポート」に期待したいものですね。

「大倉忠義」らしい冷静沈着な回答に「ファン」も共感できたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。