三宅健★キンプリ表紙のCanCamに感心★評価したポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★キンプリ表紙のCanCamに感心★評価したポイント」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「11月4日」深夜の放送では、「King&Prince」が表紙を飾った「ファッション誌」「CanCam」「小学館」に、「三宅健」が大興奮する一幕がありました。

番組冒頭、「ずっとくしゃみと鼻水が止まらない」と体調不良を報告した「三宅健」です。「10月27日」まで上演していた「市川海老蔵主演」の舞台「オイディプス」を観劇した際も、「舞台中に咳とくしゃみを我慢して大変だった。鼻水も垂れてくるから、僕はマスクの中で鼻水を垂らしていました」と大変な思いをしたそうです。ですが、舞台自体は「すごかった」「すばらしかった」と称賛していました。




しばらく風邪の話が続いていましたが、「三宅健」は突然「キンプリの「CanCam」の表紙のやつ、すごかったらしいよ。2バージョンあってさ。最近、雑誌も2バージョンとかって時代になってきたんだなってさ。すごいよね」と、話を始めます。

「King&Prince表紙」の「CanCam」は、「10月23日」の発売前から注文が殺到したらしく、店頭に並ぶと同時に重版がかかるなど大反響でした。「限定版表紙」と「通常版表紙」の「2パターン」があり、どちらも購入する「ファン」が多かったようです。

「三宅健」は「中は見てないんだけど」と前置きしつつ、「よくできてるよね。「CanCam」の人、よくやったよ。欲しいもん、ファンの子の心理でいうと」と「コメント」します。その「“売り方”」に感心したようで、「かわいいキンプリとかっこいいキンプリ。この2つ、どちらのお味がお好みですか?みたいなプレゼンなのよ。そういう戦略に、雑誌も出てきた」と編集部の戦略を紐解く「三宅健」です。そして思わず、「そりゃ買うよね、これね」と、納得していました。




その後、「King&Prince」の「シンデレラガール」「2018年」を「フルコーラス」で流し、「三宅健」は「名曲だな。前も言ったけど、キンプリの「シンデレラガール」は夢があるんだよ。Aメロ、Bメロ、サビ、どれもいいっていう。こんな名曲、なかなかないですよ」と手放しで絶賛します。さらには「King&Princeって名前もいいよね」と「グループ名」まで褒め始め、「俺たちV6だからな。文句言ってるわけじゃないけどさ、V6っていうと「“エンジン”」が出てきちゃうから」と、「自動車用エンジン」に用いられる「“V型6気筒”」に触れながら、自身の「グループ」を自虐したのでした。

この放送に「ネット」上では、「急にキンプリをベタ褒めし始めてビックリ。健ちゃん、本当に好きだよね~」「ファン心理を分析しながら「CanCam」を褒める三宅くんに笑った。マジでその通り「笑」」「King&Princeもいいけど、V6って名前もカッコいいよ!」といった「コメント」が寄せられました。

「キンプリファン」の気持ちを代弁するかのような「三宅健」の「キンプリ」に対する評価は尋常ではないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。