なにわ男子★新時代の盛り上がり&伝説の公演&驚嘆★#エアGOGOEXPO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「なにわ男子★新時代の盛り上がり&伝説の公演&驚嘆★#エアGOGOEXPO」の事をお伝えしたいと思います。

「11月14日」から初の「単独全国ツアー」「なにわ男子 First Live Tour 2019 ~なにわと一緒に#アオハルしよ?~」を「スタート」させる「関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子」です。「10月12・13日」には「大阪・万博記念公園」にて初の「野外ライブ」を開催予定でしたが、「台風19号」の影響で中止が決定しました。これを受けて、「SNS」上で「ファン」が「#エアGOGOEXPO」祭りなる動きを展開し、「ジャニーズファン」の間で大きな話題になりました。「なにわ男子」も「エンタメサイト・ISLAND TV」で「#エアGOGOEXPO」祭りへの「“お返し”」動画を「アップ」するなど、「ネット」上で「ファン」と「メンバー」の交流が実現しました。その舞台裏について、「メンバー」が雑誌で言及しています。

昨年秋に誕生した「なにわ男子」は、「藤原丈一郎、西畑大吾、大橋和也、高橋恭平、大西流星、道枝駿佑、長尾謙杜」からなる「7人組」です。今年「8月」に光の「アート&ライブイベント」「GO!GO!EXPO」の「スペシャルアンバサダー就任」が発表され、「次世代を担うアーティスト代表」として、初となる「野外ライブ」を行うはずでした。ですが、「台風19号」の接近に伴い、「10月12・13日」の両日とも「GO!GO!EXPO」自体が開催中止になります。ところが、「ネット」上の「ファン」が「#エアGOGOEXPO」の「ハッシュタグ」をつけて「ツイート」を投稿し、「12日」には「Twitter」の「トレンド入り」を果たしました。




「ファン」の動きを受けて、「ISLAND TV」に「なにわ男子「#エアGOGOEXPO」」「13日更新」なる動画が「アップ」されました。「センター」に立つ「大橋和也」が「皆さん、本日は「#エアGOGOEXPO」に来ていただき、誠にありがとうございました~!皆さん、楽しかったですか?」と、「“目の前のお客さん”」に向けて挨拶をしている場面や、「7人」で手をつないで「ライブ」を締めくくる様子を再現しました。最後は「藤原丈一郎」が「絶対、絶対来年やってくるからね!」などと呼びかけ、はけていくという映像でした。仕事現場で撮影したのか、「メンバー」は「レッスン着」のような「ラフ」な服装だったものの、「ファン」の間で広まった「#エアGOGOEXPO」に乗っかる形で、「“エアライブ”」を実施したようです。

同日、「ISLAND TV」では別の動画「なにわ男子「#エアGOGOEXPO アンコール」」も公開され、「メンバー1人」ずつが「「#エアGOGOEXPO」アンコールありがとう!」「西畑」「今日は楽しかったよ~。「GOGOEXPO」、来年もやるぞ!野外最高!」「道枝」と、「アンコール」の設定で「コメント」しました。それぞれ、白系の壁を背に自撮りしたようで、「ラスト」は歌唱力に定評のある「大橋和也」が「グループ」の「オリジナル曲」「ダイヤモンドスマイル」を「アカペラ」で披露していました。一連の流れに対し、「「#エアGOGOEXPO」のタグで盛り上がってたら、本人たちがライブをやった設定で動画を上げてくれた。スゴい時代がきてる」「正しいTwitterの使い方。これは胸熱」と、感激の声が相次いだのでした。

一方、「11月3日」放送の「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr. とれたて関ジュース」「ラジオ関西」で、この「イベント」を振り返った「長尾謙杜」は「これまでにないコンサートの盛り上がりというか。新しい、新時代の盛り上がりな感じがしてね」と感想を口にしました。「SNS発信」の話題に、「タレント」が「ISLAND TV」を通じて反応するという斬新な試みだっただけに、「西畑大吾」も「確かに今の時代って感じするね」と同調し、「みなさんありがとうございました」と、あらためて「ファン」にお礼の言葉を述べていました。




そんな中、「11月6日」発売の「ザテレビジョン」「KADOKAWA」では、「ISLAND TV」の動画の裏話を告白しました。「ファン」が巻き起こした「#エアGOGOEXPO」について、「西畑大吾」は「すごく温かい気持ちになれたよな。それで僕らもそれに応えたいなってことで動画を出して。そしたら大倉くんから「アンコールもやったら?」って提案をもらったんですよ」と、「アンコール」動画は「関西Jr.」の「プロデュース」に携わっている「関ジャニ∞・大倉忠義」の「アドバイス」がきっかけだったと、明かしました。また、「そんときはもう全員バラバラのとこにおったんで、各自の自撮りで」とも語っており、「2本目」は「7人」が自ら撮影をして「1つ」の動画に組み合わせたようです。

今回、万博記念公園での「野外ライブ」は実現できなかったものの、「大西流星」は「伝説の公演になったよね。だからこそ、皆さんにはより全国ツアーを楽しみにしておいてもらいたい」と、「ファン」に向けて前向きな「メッセージ」を送っていました。特に「西畑大吾」の発言を受け、「ファン」からは「大倉くん、ファンの目線で考えてくれてるのが本当にスゴい」「「GOGOEXPOアンコール」は大倉くんの提案だったのか!大倉くん、天才。一生ついて行く!」と、「大倉忠義」への感謝の声が続出しています。

「なにわ男子」といえば、「11月1日」には「公式携帯サイト・Johnny’s web」で行った投票の結果によって、「ファン」の名称が「なにふぁむ」に決まったばかりです。「14日」に始まる「ツアー」も、「メンバー」と「ファン」が一丸となって、良い「コンサート」になることを期待したいですね。

「なにわ男子」の新たな歴史が始まろうとしていることに「ファン」の期待度は増すばかりのようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。