高橋恭平★生粋の天才肌&意外な才能が開化★大西流星が感心した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高橋恭平★生粋の天才肌&意外な才能が開化★大西流星が感心した訳」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演中の「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「11月6日」放送では、「高橋恭平」と「大西流星」が「アナウンサー」のお仕事に挑戦しました。「ニュースキャスター」を務める「ジャニーズ事務所」の先輩も多いということで、「前々から気になっていた」と張り切る「大西流星」です。この日は、「スタジオ」で「ニュース」の原稿読みに挑戦するとのことで、「2人」は緊張した面持ちでした。

まず、「2人」が訪れたのは、朝日放送の「報道フロア」でした。お昼の「ニュース」前とあって、独特の緊張感に包まれた雰囲気に、「大西流星」は「緊迫してる」とぽつり。本番直前まで入念に原稿を読み合わせている「アナウンサー」を目の当たりにし、声がかけられない様子でした。その後、「ニューススタジオ」に移動すると、興奮した「高橋恭平」は、実際に「アナウンサー」が座る「イス」に着きます。目の前の「モニター」に「高橋恭平」が映し出されると、「大西流星」は「すげーすげー」と感動するものの、「高橋恭平」からは「カメラどれっすか?」と天然発言が。「カメラ」の位置や、「プロンプター」という「アナウンサー」の手元の原稿が映し出しされる機材なども紹介され、「“テレビの裏側の世界”」に終始「テンション」が上がる「2人」でした。

続いて「2人」は、「現役アナウンサー」による「アナウンサー教室」で、言葉の伝え方や基礎を学ぶことになりました。まずは、「大西流星」が消費税増税に伴う運賃の値上げ、駅名変更の内容が書かれた「ニュース」の原稿読みに挑戦します。しっかり者の「大西流星」はさすがに「ソツ」なくこなし、一通り読み終えると、それを聞いた「高橋恭平」は「まじで?「運賃が」10円引き上げられたん!?」と、「大西流星」の「アナウンス力」ではなく原稿内容に反応していました。これには「VTR」を見ていた「スタジオ」の「レギュラー陣」も大爆笑します。その後、「高橋恭平」も「大西流星」と同様の原稿読みに挑戦したものの、「8%」を「はちぱーせんと」ではなく「はちぱー」と発音したり、「駅名看板の」を「駅名かん、看板 ね!」とつっかえるなどして、「大西流星」は終始心配そうでした。なんとか最後まで読み切った「高橋恭平」でしたが、原稿とは一切関係ない「イエイ」という声を上げたため、「大西流星」からは「入ってんねんそれ!そこまでが! ニュースに!」と「ツッコ」まれてしまいました。ですが、講師役の「アナウンサー」からは「2人ともニュースを読むハートがあるからすごくいい」と、伝えようとする気持ちを評価されます。




次に、「アクセント」を学ぶことになりますが、「橋」と「箸」、「釜」と「鎌」などの「アクセント」の違いに、「2人」とも悪戦苦闘します。また、「垣があるから 柿か牡蠣か分からない」という例文で、「大西流星」は「全部一緒!」と頭を抱えていたものの、「高橋恭平」は身ぶり手ぶりの「アクション」付きで練習を重ねます。「アナウンサー」が「今の何!?」と尋ねると、「高橋恭平」は「柿は上に実っているじゃないですか?牡蠣は下から採ってくるじゃないですか?」という理論を用い、「柿」と言うときは手を上に、「牡蠣」と言うときには下にするといった振り付けで、「アクセント」を覚えたとのことでした。これには「アナウンサー」も「すごく勉強になりました!」と感心した様子でした。その後、「高橋恭平」による独自の方法で、「アクセント」を順調に習得していった「2人」は、次に発音を学ぶために早口言葉に挑戦します。ここでも「高橋恭平」が意外な才能を発揮することになります。難しい早口言葉を「3回目」にしてかまずに言えるようになり、「大西流星」は「ちゃんと自分のものにするん早いな」と感心します。それから、「2時間」みっちり練習した「2人」は、「スタジオ」で「ニュース」の生読みを行い、かむことなくしっかり読むことに成功します。「レギュラー陣」からも「上手!ちゃんと目線が前を向いていた!」と「2人」の成長ぶりに拍手が送られました。

この日の放送について、「ファン」からは「恭平くん、覚え方が独特だけど習得するのが早い!天才」「流星くんは真面目で努力家!」「恭平くんは生粋の天才肌なの?「笑」」といった感想が寄せられました。

努力家の「大西流星」が上手く行かなくて、天才肌の「高橋恭平」が上手くいくとは、人生何が起こるか分からないものですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。