二階堂高嗣★ハロウィン猛烈批判★千賀健永は地味ハロウィンやりたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★ハロウィン猛烈批判★千賀健永は地味ハロウィンやりたい」の事をお伝えしたいと思います。

「11月6日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・二階堂高嗣」と「千賀健永」が登場しました。毎年の「ハロウィン騒動」に苦言を呈する場面がありました。

「ハロウィン当日」は「お仕事だった」という「二階堂高嗣」ですが、そもそも「ハロウィン」にはまったく興味がない様子です。また、毎年のように問題視されている「ハロウィン騒動」についても「今年のハロウィンも何人も捕まったじゃん。あれなんでなの?ものすごい呼びかけしてたじゃん」と、「東京・渋谷」で路上飲酒が禁止になった条例や、警察の警備について触れます。




その後、仮装衣装について話題が及ぶと、「千賀健永」は車での移動中に、「パンツにカメラだけ持ってる人を見かけたのよ。普通に明治通り沿いをそれで歩いてて」と発言します。「俳優・山田孝之」が「AV監督・村西とおる氏」を演じて話題を呼んだ「全裸監督」「Netflix」の仮装をする人を見かけ、「びっくりして! 「えっ!?」って思って」とかなり驚いたそうです。続けて「ちょっと、あらためた方がいいよね。モラルの中で楽しもうよって話だよね」と、過度な「“露出”」や行きすぎた仮装に疑問を投げかけていました。

さらに「2人」の「ハロウィン批判」は過熱します。「二階堂高嗣」は「周りがさ、騒いでるからさ一緒に騒いで「なんでもありだ」みたいなさ。なんでそういうことするの!?」と語り、「千賀健永」からも「誰かに迷惑がかかるとか、そういうことまで考えられてないからだと思う」と厳しい「コメント」が飛び出します。そして、「二階堂高嗣」は、最近の「ハロウィン」の楽しみ方が間違っているとした上で、「ちゃんと遊べば?ちゃんと楽しめばいいのに」と、「ルール」にのっとって行事に参加してほしいと訴えました。

そんな中、「千賀健永」は「地味ハロウィンって知ってる?」と「二階堂高嗣」に質問します。「“地味ハロウィン”」とは、派手な仮装をするのではなく、「身近にいる人」や、「見たことがなくても「“なんとなく”」わかる人々をまねる」といった催しで、「Twitter」など「ネット」上を中心に話題になっています。そんな「“地味ハロウィン”」を「知らない」という「二階堂高嗣」に対し、「最近面白いのよ」と切り出す「千賀健永」です。「仮装するものが地味」「例えば「“初めて台湾に来た日本人観光客”」とか。ちょっと地味な「なんとなくわかるでしょ?」みたいな」と解説し、「ちょっと見て?」と、恐らく「“地味ハロウィン”」の仮装をした画像を「二階堂高嗣」に見せ、説明します。「千賀健永」が「宝塚音楽学校の合格発表を見にきた生徒の親」の仮装をした写真を見せたところ、これには「二階堂高嗣」も「おぉ~!わかる!! なんとなくわかる。それ面白い!すげー」と反応し、好印象を受けた様子でした。




「千賀健永」は実際に、「地味ハロウィンを今年やりたいな~ってちょっと思ってたんだけど。タイミングが合わなくてできなかった」と、時間があれば自身も挑戦するつもりだったようで、「こんなハロウィンもありますよ」と、「ルール」を守りながら楽しむ方法を提案しました。

そして最後に「二階堂高嗣」から、「ちゃんとルールを守って楽しんで」「嫌なニュースは見たくないから」と念押しの注意が。「千賀健永」からも「来年もありますから。みんなが平和に楽しめるようなね」と、来年こそは逮捕者を出すことなく、誰にも迷惑をかけずに楽しんでほしいと呼びかけるのでした。

この放送に、「ネット」上からは「ハロウィン、みんなが平和に楽しめるように、モラルは守ろうと訴えるニカ千。さすが、根は真面目なキスマイだね!」「地味ハロウィンの方が数千倍楽しそう」「ハメ外す若者にキレるニカちゃんに同感!」「千ちゃん、地味ハロウィンを知ってるんだ!Twitterよく見てるだけあるね「笑」」などの声が集まっていました。

常識ある「二階堂高嗣&千賀健永」の「2人」にしてみれば他人に迷惑をかける「ハロウイン」には賛成できないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。