伊野尾慧★27時間テレビ&ラート披露以降記憶がない★めざまし出演者が爆笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★27時間テレビ&ラート披露以降記憶がない★めざまし出演者が爆笑」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey! Say! JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「11月7日」に放送されました。この日の「伊野尾ピクチャー」は、「“ラート”」という競技に挑戦する「伊野尾慧」の「オフショット」でした。




「“ラート”」とは、「2つ」の大きな輪の中に人間が入り、ぐるぐると回転する「ドイツ発祥」の「スポーツ」です。「伊野尾慧」は、今月「2~3日」にかけて放送された「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」内の「お天気コーナー」で、「“ラート”」を披露しました。「“ラート”」について、「伊野尾慧」は「まー、大変でしたね」と振り返り、「回ることには回れるんですけど、ただただその代償がでかくて。終わった後、めちゃめちゃ目が回ります!」と苦労を告白します。さらに、「その後、スタジオに戻ってからの記憶あんまりないです」と当時の状況を説明し、「スタジオ」を爆笑させました。

また、「めざましテレビ」の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」が、「今日もやろうよ」と「悪ノリ」すると、「伊野尾慧」は「今日はやりません!」と苦笑いしつつ断固拒否します。視聴者からは、「記憶にないんだ!?」「簡単そうに見えたけど、やはり大変だったんだね」という、驚きの声が集まっていました。

その後、放送された「イノ調」では、「“進化する”」「美術館グルメ」を「伊野尾慧」が調査します。「自分も作品の一部に」という触れ込みの「美術館レストラン」では、「テーブル」の横に設置された額縁型の「モニター」に、食事をしている自分たちの姿が映し出され、まるで自分たちが絵の中にいるかのように見える「サービス」を体感します。「モニター」を見た「伊野尾慧」は「作品名で言うとなんだろうな「親戚のおじさん」」とふざけながらも、新感覚の「アート」を楽しんでいました。




続いて、別の「テーブル」で、「伊野尾慧」が「ランチメニュー」の「食レポ」をしていると、「上を見て!」と「カンペ」が。「伊野尾慧」がゆっくり上を見ると、そこには鏡が。頭上には額縁風の鏡が設置されており、食事風景が映し出されるようになっているとのことです。「スマホ」の「インカメラ」で撮影すると食事中の様子を「“アート風”」に撮影できるようになっているそうです。「伊野尾慧」は「今風の芸術作品」と感心し、実際に撮影することになります。写真には上目遣いの「伊野尾慧」が映っていましたが、「ロケ」に同席していた「ディレクター」も「バッチリ」映り込み、「伊野尾慧」は「丸映り」と苦笑いします。それでも、珍しい「アート」に大満足したようでした。

この日の放送に「ファン」からは、「伊野尾くんの写真を額縁に入れて、家に飾りたい!」「額縁に入った伊野尾くんの写真ほしいな」「伊野尾くんが額縁に入るだけで、美術品に見える!」との声も寄せられていました。

簡単に見せていた「伊野尾慧」の「プロ根性」が垣間見えましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。