大野智★2年くらいなんてことない発言が波紋★活休発表後の会話内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大野智★2年くらいなんてことない発言が波紋★活休発表後の会話内容」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年末」での活動休止に向けて、最近は「動画配信サイト・YouTubeチャンネル」の開設、「5つ」の「SNS」を「スタート」させるなど、新たな分野に進出している「嵐」です。「グループ」が一度休むきっかけとなったのは、「リーダー・大野智」の提案でしたが、芸能界の大先輩に漏らしたという彼の言葉が、「ファン」の間で話題になっています。

「嵐」は今年「1月、ファンクラブ公式サイト」を通じて「2020年」いっぱいで活動を休止すると報告しました。その後に開いた会見では、「2017年6月」に「大野智」が「メンバー」を集めた際、「自分の嵐としての活動を一旦終え、自由に活動してみたい」と伝えたことを説明しました。話し合いを重ねた上で、「2018年6月」に活動休止の決断に至ったと、語っていました。また、「2021年」以降の予定については「具体的に何がしたいかというのは僕の中では決まっていることではない」「大野」と、告白しました。「この世界を一度離れてみて、いままで見たことのない景色を見てみたいというか、普通の生活というのはいままでこの世界に入って経験していないなというのもあり、そういうことにも興味というか」と、「“自由な時間”」を過ごしたいと、正直に打ち明けたのです。

そんな「嵐」は現在、「CDデビュー20周年」を記念した長期間の「ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の真っ最中です。昨年「11月」に「スタート」して以降、「5大ドーム」を何度か回っており、先日の「10月30日・31日」には「東京ドーム」で公演を行いました。都内での開催とあって、この「2日間」は「ジャニーズ」の仲間たちや、多くの芸能関係者が鑑賞していたようです。「タレント・俳優」の「きたろう」もその一人で、「ラジオ番組」「大竹まこと ゴールデンラジオ!」「文化放送、11月6日放送」では、「先週ね、嵐のコンサート行ってきましたよ」と、近況を話しました。




「きたろう」は、これまでに野球観戦のため何度も「東京ドーム」を訪れているそうですが、「嵐のコンサートはね、別世界だったね。ここが野球やるところかな?と思うぐらいに。3時間ほとんど歌いっぱなしなんだけどね、嵐。飽きないんだよ」「日本の粋を集めた楽しさがあるね」と、大絶賛します。そもそも「きたろう」は、「2004~2005年」に放送された「バラエティ」「嵐の技ありッ!」「フジテレビ系」に「レギュラー出演」していたほか、「ドラマ」「魔王」「TBS系、2008年放送」映画「忍びの国」「2017年公開」などでも「大野智」と共演しています。

「きたろう」によれば、「嵐」の「コンサート」を見に行くのは久しぶりだったといい、「嵐と一緒に番組やってた時があって。その時に行って、もう格段と歌がうまくなってるね、奴ら」「櫻井「翔」くんなんて、その当時はラップしかやってなかったんだもん」と、「嵐」の成長に驚きっぱなしです。さらに、「きたろう」が「辞めるっていう時にね、「2年後には辞める」っていう時に」と切り出すと、出演者の「いとうあさこ」が「「辞める」っていうか、まぁ「“お休み”」という」と、「フォロー」します。続けて「きたろう」は、

「その時に俺は、大野くんに電話したんだよ。「お前、偉い」って。あのね、「すぐ辞めたいだろ?」って聞いたのね。「いや、そんなことはないです。2年ぐらいなんてことありません」って、しっかり答えた。あ、大人だな~と思って。普通ね、まぁ大人の事情があるからね。「辞める」ったって、辞められないだろうけどね。「なんてことありません」っていうのが偉いな~って思って」

と、活動休止が判明した後の「大野智」との会話を告白しました。「パーソナリティ」の「大竹まこと」が「大人の事情がその子は、その子って言い方は変か わかってるってことなの?」と聞くと、「きたろう」は「わかってるんだよ」と、即答します。「お前だったらすぐ辞めちゃうよな」「大竹」「辞めちゃうよ~。大人の事情がわからない。だから偉いと思った」「きたろう」と、「大野智」の考え方や姿勢にいたく感心していました。




この「エピソード」を受け、「嵐ファン」の反応はさまざまです。「きたろうさん、貴重な話ありがとうございます」「ラジオでの話、智ファンにはうれしいね」と感謝する人や、「早く辞めたいだろうに2年も残されて可哀想とか言う人もいるけど、「2年ぐらいなんてことありません」っていう意思を知れてよかった」「智くんは嫌々やってないってことがわかったね。だから可哀想って勝手に思わないこと!会見から活動休止までの2年、智くんはちゃんと全うしようとしてる」と、「きたろう」が伝えた「大野智」の発言を前向きに捉える「ファン」が多かったようです。

ですが一方で、「智くんの言葉、並々ならぬ覚悟が伺えて胸が苦しくなる。「2年ぐらい」という部分から、これまでの長い年月と比べれば という思いも感じられる」「大野くんの言い方が「“2年ぐらいで嵐辞められるならなんてことない”」って言ってるみたい。そんなことないよね?」「2年後には確実に自分の思う道に行けると思うからこその言葉だね」「「2年ぐらいなんてことない」の一言に智くんの苦悩や決意が秘められているんだろうな。この言葉から想像すると、グループには戻らないと思う」と、悲観的に受け止める人もいるようです。

また、今回はあくまで「きたろう」が「大野智」の話しぶりを代弁した形で一字一句が正確とは限りませんが、「「2年ぐらいなんてことありません」って言い方が腹立つ」「やっぱり大野は「あと2年すれば辞められる」って思いながら活動してるのかな。落ち込む」「また嵐をやりたいって思ってるメンバーの気持ちを考えるとつらい」「ひどい発言。嫌だけど大人の事情で仕方なくやってるってことでしょ?こんなのラジオで話すきたろうもどうかと思う」と、「大野智」や「きたろう」に対する怒りを露わにする書き込みも上がっていました。

「一部ファン」が「「2年ぐらいなんてことない」と自分に言い聞かせてると思うと切ない。責任感が強い人なのはわかってるけど、智くんの心が心配」と懸念しているように、ここにきてさらに精力的な活動を展開する「大野智」たちの「精神バランス」が崩れなければよいのですが。

「大野智」の発言には賛否両論あるとは思いますが「2020年末」を一応の「ゴール」と決めているのだからそっと見守ってあげることが先決ではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。