関ジャニ∞★チケット本人確認★ナメてるの&怒り続出★高額転売横行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「関ジャニ∞★チケット本人確認★ナメてるの&怒り続出★高額転売横行」の事をお伝えしたいと思います。

「11月6日」の大阪松竹座を皮切りに、「関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE」が「スタート」しました。「ホールクラス」の会場で行うとあって、「チケット」の高額転売が横行している中で始まった公演初日は、入場時の「“本人確認チェック”」が手ぬるかったようで、「ファン」からは改善を求める声も上がっています。

「関ジャニ∞」が「47都道府県」を回るのは、「全国47都道府県 完全制覇!!関ジャニ∞ えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007」以来、「12年」ぶり「2度目」です。「9月末」をもって「錦戸亮」が脱退し、「5人体制」初となる「ツアー」は、彼らの原点である大阪松竹座で開幕しました。そんな中、初日の入場に関して、現場にいる「ファン」が状況を「Twitter」上に「レポート」しています。今や、「ジャニーズ」の「コンサート」では「ドーム公演」でも「チケット」の名義人が本人か検査する「ケース」もありますが、松竹座は受付に必要な「QRコード」を提示後、すんなり会場内に入ることができたそうです。

本人確認は入場口ではなく、客席で「ランダム」に実施していたそうです。もちろん、名義人本人ならば、発行された「チケット、ファンクラブ」の「会員証、写真付き身分証明書」などを見せればすぐに終わるでしょう。ですが、「ファン」の書き込みによれば、何人かは不正購入の「チケット」だったのか、係員に退場を促されていたそうです。




「ランダム」に確認したとはいえ、「1,000席」あまりの「キャパ」だけに、全員に確認を取るものと思っていた人も多かったのでしょう。事態を知った「ファン」は「ランダムにやってるだけなら、すり抜ける人もいる。1,000人くらい本人確認できるでしょ」「客席で確認なら、ギリギリに着席したらスルーじゃない?」「入口で本人確認がないってわかったら、今後は転売増えるだろうね」と、「コンサート事務局」に対する不満が続出しました。

一方、入場時に確認を取らないのは会場の立地が理由だったのではないかと予想する声もあるようです。入場時に「QRコード」や身分証明書を照合すれば、待機列が会場外あふれ、「通行の迷惑になる」とするものです。こうした問題については、「開場時間をもっと早くして、1階のロビーで確認すればいい」という意見や、退場者による空席も問題だとして、「空いた分は当日券を出すってのはダメなの?」「空席を作らないために、空席待ちチケットの販売なんかも検討してください」と、今の手法を批判する「コメント」が目立ちました。

「47都道府県ツアー」は、会場が小規模のため、「ドーム」よりも「ステージ」と客席の距離が近いことも魅力の「1つ」でしょう。一方で、「ファンクラブ」の「チケット代」は「8,700円」のところ、「ネット」上の「チケット売買サイト」では高額な商品が多数出回っています。「サイト」によって「バラ」つきはあるものの、「11月8日」時点で「10万円~50万円台」が「60件」近くも販売されていました。初日のように本人確認が緩いのであれば、「一部しか取り締まりできず、高額取引はなくならない」と、「ファン」は怒りをあらわにしています。

かたや、「グループ」及び「ジャニーズ事務所」を離れたばかりの「錦戸亮」も「ソロアーティスト」としての活動を「スタート」させ、「11月5日」より「錦戸 亮 LIVE TOUR 2019 “NOMAD”」が始まったばかりです。「5日」は「Zepp Fukuoka」「福岡」、「7日」に「Zepp Nagoya」「愛知」で開催しましたが、本人確認は「関ジャニ∞」と同じく、入場者全員を対象にしたわけではなかったといいます。




「ファン」の「レポート」を見てみると、「自分は提示を求められなかったけど、福岡入場の際に「本人確認はランダムで行うので身分証をご用意ください」ってアナウンスしてた」「私は早い番号で、本人確認しっかりあった。免許証を提出して、名前と顔をきちんと見られた」「前の友だちはスルーだったけど、私はQRコードを通したら「免許証見せて」と言われて見せた」「入場する場所が数カ所あって、一部の入口だけで本人確認してる感じ」「名古屋、3組前の人が入れず、別の場所に連れて行かれてた」とのことです。

福岡と愛知で対応に多少の違いはありますが、これら会場の「キャパ」は「1,500~1,800席」規模です。この状況を受け、「関ジャニ∞ファン」からは「錦戸亮だって小さいライブ会場だけどガチガチに本人確認してる」「錦戸よりキャパが少ないんだから絶対に本人確認できるはず」「亮ちゃんはできてるのに、関ジャニ∞が市民会館レベルで確認しないなら、マジで意味がわからない」「5人の再出発なのに、転売し放題。スタッフはナメてるの?」と、厳しい意見が相次いでいます。

「関ジャニ∞」の「47都道府県ツアー」は「11月17日」に宮崎で「2公演目」を迎え、来年「4月末」まで続く予定です。今後は不正入場の対策強化に努めてほしいものですね。

対応の悪さと不公平さが浮き彫りになり不信感と怒りが込み上げてきますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。