JUMP★きくりんが裏話披露★考えられないメンバーの素顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JUMP★きくりんが裏話披露★考えられないメンバーの素顔」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、11月9日放送」は、「メンバー全員」がそろって登場しました。「メンバー8人全員で協力すれば、漢字検定の何級まで合格できるのか?」という、「漢字検定チャレンジ」企画の「第3弾」が行われました。

「第1、2弾」で「漢字検定準2級」まで到達し、今回はいよいよ「2級」に「チャレンジ」しました。「読み問題を8人中1人でも答えられたら正解」という「ルール」で、「30問中24問」正解すれば合格となります。今回も「ゲスト解説者」として、「漢検1級」に「2回合格」した「モノマネ芸人・きくりん」が登場しました。




最初の出題は「逃げ出していなくなること」の意味を持つ「出奔「しゅっぽん」」でしたが、「メンバー全員」が不正解となり、幸先の悪い「スタート」となりました。その後、「間隙「かんげき」」「遊説「ゆうぜい」」と出題されましたが、これも全員不正解となります。「有岡大貴」は「手ごわいな〜、やっぱり」と、「漢検2級」の難しさを実感している様子です。

そんな重い空気を打ち破ったのは、「山田涼介」でした。「4問目」の「人心の荒廃を深く愁える」の「愁える」を読むという問題に、「山田涼介」は「たぶん、なんか傷ついたんだろうな」と文章の状況を想像し、胸に手をあててうなだれる「ポーズ」を見せます。これでひらめいたのか、「山田涼介」は「愁える「うれえる」」と答え、見事正解します。「伊野尾慧」は「感情が漢字を超えたね!」と評していたのでした。

そして「5問目」は「神前で恭しく頭を下げる」の「恭しい」が出題され、「知念侑李」が答えることになりました。先ほどの「山田涼介」を真似て、「知念侑李」は深々とお辞儀をしながら漢字の意味を考え、こちらも見事「うやうやしい」という正解を導き出します。




ここから「山田涼介」が「愛猫「あいびょう」」、「知念侑李」が「祝言「しゅうげん」」、「有岡大貴」が「山車「だし」」、「中島裕翔」が「矯める「ためる」」、「伊野尾慧」が「勅願「ちょくがん」」と連続で正解を出し、残りの「2問」をどちらも正解すれば、「2級合格」という場面まで到達しました。ここで「懇ろ「ねんごろ」」という漢字が出題されましたが全員答えられず、「2級」は「不合格」となってしまいました。

番組放送後、解説者の「きくりん」は自身の「Twitter」で「Hey!Say!JUMPの皆さんの名誉のためにも、あれは2級でも難しめです!」と出題された問題の難易度を説明しつつ、「JUMPの皆さんは、カメラ回ってる時、カメラ回ってない時、楽屋 とほぼテンションもメンバー同士の絡みも変わりませんでした!」「芸人ではなかなか考えられない、存在自体が商品でもあるアイドルさんとはそういうものなんですかね〜」と、収録の裏話を披露しました。「ファン」からは「ジャニーズはどこも仲が良いようですが、JUMPは特に仲良しです!」「JUMPの裏話、すごくほんわかしました」「貴重な情報ありがとうございます!」などと「コメント」を寄せていました。

仲が良いことは「ファン」も以前から承知していますが「きくりん」からの裏話で「ファン」も今まで以上に「チームワーク」の良さを実感したでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。