大倉忠義★ちょっとお茶しようか★これ何がおもしろい&不安になった事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★ちょっとお茶しようか★これ何がおもしろい&不安になった事」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系、11月9日放送」に、「横山裕、大倉忠義、丸山隆平」が登場しました。

「村上信五」が「MC」を務めた「27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」「同、11月2~3日放送」内で、「全国のマイナースポーツ部」に「スポット」を当て、「関ジャニ∞」がその知られざる魅力を生放送で紹介しました。今回の「クロニクル」では、「27時間テレビ」生出演後に収録された内容が「きらめけ!マイナースポーツ部延長戦」として放送されました。




「スタジオ」には、千葉聖心高校の「カーレット部」、駒沢学園女子高校の「杖道部」、上宮高校の「クリケット部」の「3校21名」が登場しました。それぞれの部の「“すごいところ”」や、学生の悩みなどを発表していきました。

まず、「上宮高校2年生」の生徒が「クリケットのマイナーだけどホントはすごいところ」として、「日本のゲーム形式だと、「試合終了まで」最長5日間かかる」と解説します。さらに、試合時間が長いため「40分のランチタイムと20分のティータイムがある」そうですが、これには「大倉忠義」が「いや、一緒でええやろ」と「ツッコミ」を入れ、「スタジオ」の笑いを誘います。

そんな中、上宮高校の生徒から「大倉さんはどういった時にティータイムするんですか?」と、突然の質問が。「大倉忠義」は「何いきなり?」と驚きの表情を見せながらも、「仕事の時はティータイムとかないからさ、プライベートで買い物行った時、行くとこなくなったら「ちょっとお茶しようか」って」と、一応返答します。ですが、すぐ我に返り「これ何がおもろいねん!」と指摘し、またしても「スタジオ」を爆笑させたのでした。




その後、「“卓上カーリング”」とも呼ばれる「スポーツ」「カーレット部」所属の生徒が「1年生が「“ゲラ”」すぎる!」という悩みを告白します。そこで、「丸山のギャグでどれだけ笑うのか?」を実験することとなり、「丸山隆平」が生徒の前で「一発ギャグ」を披露します。ですが、「1年生」は「ビク」ともせず、「横山裕」は「ゲラいうてたよね?」「全然笑えへんやないか!?」と困惑してしまいます。

「丸山隆平」はめげずに「あーっす、あーっす。俺たちが生きてるところは「“アース”」」「「剣道の竹刀を振る動作をしながら」メーン。ドーウ。臭いところが好き!」と「ギャグ」を続けたところ、「1年生」だけでなく、「スタジオ全体」を爆笑させることに成功していました。

この放送に「ネット」上では、「「クロニクル」に出てた高校生、バラエティをわかりすぎてて最高!」「大倉くんが質問に対して真面目に答えてて笑っちゃった。ファンには面白かったよ!」「マイナースポーツやってる高校生と関ジャニ∞の組み合わせ、すごくいい!」といった「コメント」が寄せられました。

「大倉忠義」の「ファン」や高校生に対する「サービス精神」旺盛な指摘返答には笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。