嵐★モーニングショー★祝賀式典の報道が物議★くそキモい&ズレてる&嫌悪の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★モーニングショー★祝賀式典の報道が物議★くそキモい&ズレてる&嫌悪の声」の事をお伝えしたいと思います。

「11月9日、天皇陛下」の即位を祝う「国民祭典」が皇居前広場で開かれ、「嵐」が奉祝曲「Ray of Water」の「第3楽章」「Journey to Harmony」を熱唱しました。「11日」に放送された朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」「テレビ朝日系」では、会場周辺にいた「嵐ファン」の「“音漏れ組”」を取り上げましたが、その内容について視聴者からは「嵐のファン、気持ち悪い」「嵐ファンを大々的に報道するのはおかしい」と、否定的な声が相次いでいます。

「嵐」は、「国民祭典」「第2部」の「祝賀式典」に登場しました。栄誉ある役目を任された「5人」は、壮大な「バラード」に合わせて優しい歌声を響かせ、演奏後には雅子さまの目にうっすらと涙が浮かんでいたそうです。「祝賀式典」は、「約1万人」の参加者を一般公募で募集していましたが、「嵐効果」なのか、「47万人」もの申し込みがあったといいます。

「嵐」の出演が明らかになった後、情報番組「スッキリ」「日本テレビ系、9月26日放送」が「嵐も歌う奉祝式典 見られる穴場」と題した特集を組み、波紋を呼びました。番組取材班が会場周辺の穴場を調査した結果として、皇居前広場から「約1キロ」の距離にある「東京ミッドタウン日比谷」の「庭園パークビューガーデン」「6階」を紹介しました。「ファン」の間で「穴場とか紹介したら、絶対に問題起こる」「何か問題が起こった時に批判されるのは嵐なのに」と、番組に対する批判が飛び交いました。こうした経緯もあり、祝賀式典の前には「ネット」上で「嵐ファンが歓声上げたり騒いだりするのが怖い。嵐の信頼にかかわることは絶対にしないで」「現場に行く人は、嵐に会いに来たじゃなくて、式典に参加しに来たという姿勢でいてほしい」といった注意喚起の「ツイート」も増えていたようです。




そして当日、抽選に外れた一部の「嵐ファン」は、少しでも「歌声を聞きたい」「雰囲気を味わいたい」と、現場付近へ駆けつけたようです。「11日」の「羽鳥慎一モーニングショー」は「チケットなし 嵐ファン殺到」の「テロップ」とともに、皇居前を訪れた「嵐ファン」を取り上げる「VTR」を放送しました。

山梨県から「少しでも嵐と同じ空気を吸う」ために来たという「女性2人組」は「コンサートグッズ」の「バッグ」を持参しており、「音漏れを頑張って聞く」と意気込みを「コメント」しました。また、「宮城・仙台」から来た人は「嵐さんの生の歌声が聞ければ、それだけでもいいかなって思ってます」と話したほか、中には「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の「ミニうちわ」を持って本番に備える「ファン」の姿も見られました。当日は会場近くに「大型モニター」を設置して「パブリックビューイング」を行いましたが、現場にいた「レポーター」は「嵐が登場しました。一瞬、歓声が上がり、そして皆さんスマホ「スマートフォン」で動画を撮影しています」と、実況していました。そこにも入れず、行き場を失った「嵐ファン」は日比谷公園の「特設モニター」で鑑賞したそうです。もちろん、「モニター」を視聴していた人の中には、「嵐ファン」だけでなく、式典自体を見守る目的だった場合もあるでしょう。ただ、今回の「モーニングショー」では「ミッドタウン日比谷」の「6階テラス」に音漏れ目当ての「嵐ファン」が集っていたことも取り上げるなど、「ファン」の動向を追った特集になっていたようです。

日比谷公園や「ミッドタウン」にいた「嵐ファン」は、番組の「カメラ」に向かって「同じ時間を共有したいというか、同じ空間にいたいっていう。その気持ちが一番でしたね。「奉祝曲の」「大丈夫」っていう、あのフレーズが感動しました」「一生に一度こういう場に立ち会えるっていうのもないと思う中で、私の大好きな嵐がステージに立つ、その一緒の空気感を味わえたっていうのが本当に感動しました」「幸せをいただきましたし、あとはもうお祝いの気持ちにもなりました」と、感激の面持ちで語っていました。

これを受けて番組視聴者は「コンサートみたいにグッズとかを身にまとうのは違くない?」「うちわを持った嵐ファン チャンネル変えた」「天皇陛下の即位を祝う式典なのに、嵐だけを見に来てるって感じがしてイヤ」「嵐ファン、気持ち悪い。趣旨を履き違えて集まるなんて、迷惑以外の何ものでもない」「正直くそキモかった。嵐のメンバーが見たらどう思うのかな」と、ドン引きしています。




「ジャニーズファン」とみられる「Twitterユーザー」ですら、「式典のメインは嵐じゃないのに、うちわを持ってきたり何考えてるんだろう」「「音漏れを頑張って聞く」と言ったり、うちわやバッグを持ってるのにビックリ。さすがにTPOは考えようよ」「嵐が主役じゃないのに、グッズ持ってビルの上まで行って「音漏れ」「少しでも同じ空気を」ってバカすぎる」と、呆れていました。

ですが一方で、「モーニングショー」の報道内容について「天皇即位のお祝いの話題で、なんで嵐ファンを追ってるの?」「嵐ファンとか撮影ポイントとか、番組の取り上げ方がズレてない?」「嵐目当ての人たちを放送しすぎ。即位のお祝いでしょ?」と、疑問を抱く声も少なくありません。

番組は結果として、「嵐」やその「ファン」への「ネガティブ」な「イメージ」を視聴者に刷り込ませたようですが、番組は一体、何を伝えたかったのでしょうか。

「嵐ファン」以外の視聴者からしてみれば不快な気持ちになるかも知れませんね。ですが、もしも他の「アーティスト」が歌っていても同じ現象が起きていたとも考えられると思うのですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。