松岡昌宏★裏切りで疎遠になる時もある★過去の人間関係を赤裸々に告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★裏切りで疎遠になる時もある★過去の人間関係を赤裸々に告白」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「11月10日」の放送では、「“人間関係”」について持論を述べる場面がありました。




「リスナー」から「人と疎遠になったことはありますか?」という質問を受け、「松岡昌宏」は「あります」と即答します。続けて「あくまで私の意見」と前置きし、「意見が合わないとか、タイプが合わないっていう人とずっと一緒にいるほど、人生は長くないんですね」と「キッパリ」。時間がもったいないため、「合わない」と感じた場合は、「“袂を分かつ”」選択をするのだそうです。

一方で「疎遠になった人を嫌だと思ったことはない」らしく、むしろ「疎遠になったことで無駄な時間を過ごす必要がなくなったことに感謝」するそうです。「松岡昌宏」はこの考えについて「強がりみたいに聞こえるかもしれないけど」と笑いつつ、「疎遠になる人っていうのは、自分と合わない、もしくは嫌いな人ですから。最初は「嫌だな」だけなんですけど。ま、ちょっと時間がたてば、よかった、ホントによかったって「思える」。あのまんま続いてたかと思うと、めんどくせーやっていうこともあります」と、本心から感謝していると語ったのでした。

「松岡昌宏」の場合、意見が食い違って疎遠になる人のほかに、「僕らのお仕事やってるとね、悲しいけど、「“裏切り”」で疎遠になる時もありますよ」とのことです。続けて「わかりやすく言うと、その人は「“松岡昌宏”」と遊びたかったんじゃなくて、「“芸能人の松岡昌宏”」と遊びたかったんだ」と、芸能人だからこそ感じる人間関係の難しさを吐露します。「その気持ちもわかります、そういうもんだから」と冷静に捉えつつ、「別に俺じゃなくて、芸能人なら誰でもいいんじゃん?ってことが見えた時、距離を置きますね」とはっきり語っていました。




好きではない人に対し、機嫌を取ったり、取られたりしたくないという「松岡昌宏」は、「「無駄に気遣ってるな、こいつ」っていう後輩とかを見ると、もういいかな~って。疲れちゃうな、こっちもっていう。で、むこうも疲れてるんだったら意味ないなって。何かそういうのがね、最初わかんないんだけど、だんだんなんかわかってくるようになるんですよ。「あ、うわべだな」とか」と「ズバリ」。「松岡昌宏」は結論として、「嫌で一緒にいるぐらいだったら、別れたほうがいいと思います」と言い切ったのでした。

「松岡昌宏」らしい「キッパリ」とした考え方が聞けたと同時に、芸能界の複雑さが感じられる放送となりました。

疎遠になる原因はいろいろとありますが「松岡昌宏」のように白黒「ハッキリ」とできる人はなかなかいないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。