二宮和也★嫌いな人は何人かいたほうがいい★悩める学生ファンへの助言に反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★嫌いな人は何人かいたほうがいい★悩める学生ファンへの助言に反響」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM」が、「11月10日」に放送されました。学生だという「リスナー」から、「私は苦手な人が多くて、32人のクラスメイトのうち20人が苦手な人です」「二宮さんは苦手な人や嫌いな人が多い方ですか?少ない方ですか?」という「メッセージ」が届きました。




「二宮和也」はまず質問について、「「人数を」比べたことないからなー!」と言いつつ、「生きてる年数が違うから、俺の方が「嫌いな人」多いんじゃないの?20人よりは」と返答します。また、「あんまり「苦手」ってのがないかも、「嫌い」はあるけど。「苦手」くらいの感じだったら、苦手と思ってないかも」と自己分析した上で、「嫌いな人の方が仕事がしやすい」とのことです。

「端的に、効率求めてやっていこうと思ったら、「好きな人とやっていこう」ってなったときに、めちゃくちゃ大変じゃない?」と問いかけ、「質を保って効率上げて、ガンガンやってくなら、嫌いな人の方が楽だよね」と「コメント」しました。割り切って仕事をする時、「二宮和也」の場合は「“好きな人”」だと逆にやりにくいようです。「仕事に対して「ちゃんと担保していこうね」ってのは、「嫌いな人との方が」保てる気がする」と言いつつ、「でも僕は、嫌いな人なんていないけどね!」とおちゃらけたのでした。

さらに、「嫌いなこいつと一緒にやって、「こいつよりいいもの出そう」って切磋琢磨して。漫画でもそうじゃん?」と、「ドラゴンボール」「集英社」を挙げながら説明します。「ドラゴンボール」では、最初は対立していた「孫悟空」と「ベジータ」が、次第に仲良くなり、お互いを認め合うようになりますが、それについて、「「相手を」認めだしたから、我々読んでる側にはすごく大きな感動があって。友情が芽生えたけど、じゃあそれ以降、強くなったかっていうと、それはどうですか?」と指摘します。




「そういうことで言うと、俺は「嫌いな人が」いたらいたでいいし、いないなら生活しやすいし」と、どっちでもいいと言いながら、「実際には「嫌いな人が」何人かいたほうがいいんだろうね、意外と」「好きな人だといろいろ気使っちゃって、「これやらせちゃったら悪いかな」とか付属のことばっかり考えちゃって、もしかしたら手につかないかも」とのことで、「メッセージ」を送った学生の「リスナー」には、「運動会なんかめちゃくちゃ強いかもしれないよ、身内に敵がいる状態だから。「あいつより!」ってなったらさ」と前向きな「アドバイス」を送ったのでした。

「二宮和也」のこの考え方に「リスナー」は、「私にはない発想で、めちゃくちゃためになった!」「こういう深い考え方ができる二宮くん、本当に好き!」「嫌いや苦手をマイナスにしないって、なかなかできることじゃないと思う。二宮くんに相談して正解だね」といった声が集まっていました。

厳しい芸能界を生き抜いてきたからこその「二宮和也」の柔軟な考え方には説得力がありますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。