二宮和也&結婚した伊藤綾子★関係者が語る素顔★爪痕を残したい&上昇志向の塊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也&結婚した伊藤綾子★関係者が語る素顔★爪痕を残したい&上昇志向の塊」の事をお伝えしたいと思います。

「11月12日、嵐・二宮和也」が「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」と結婚したことを発表し、「ファン」を騒然とさせました。「2016年7月」発売の「女性セブン」「小学館」が「2人」の熱愛を「スクープ」し、真剣交際が発覚しました。当時、「伊藤綾子」は情報番組「news every.」「日本テレビ系」に出演していましたが、「2017年3月」をもって番組を卒業しました。そして「2018年」に所属していた「セント・フォース」からも退所し、現在は「“一般人”」となった「伊藤綾子」ですが、「二宮和也」との結婚には「日本テレビ関係者」も「“別の視点”」で驚きを隠せないようです。




「2003年」に地元秋田放送の「アナウンサー」となった「伊藤綾子」は、「2007年9月」に同社を退社します。そして、「セント・フォース所属」の「フリーアナウンサー」となり、「同年10月」から「2010年3月」の番組終了時まで「NNN Newsリアルタイム」「日本テレビ系」に出演します。後継番組の「news every.」などでも活躍していました。「フリー」ではあるものの、「日本テレビ」は「伊藤綾子」にとって古巣のような場所と言えるでしょう。「伊藤綾子」を知る「日本テレビ関係者」に話を聞くと、「日テレで仕事をし始めた当初から、「“上昇志向の塊”」みたいな女性だった」とのことです。

秋田放送を退職し、「フリーアナウンサー」として東京で勝負すると決めたのは、「アナウンサー」としての並々ならぬ情熱と志があったからなのでしょうか。

「“アナウンサーとして”」というより、「とにかく爪痕を残したい。一旗揚げるために東京に来た」という「オーラ」を「ビンビン」に放っていました。上司相手にも「ハッキリ」と意見を言うし、相手が折れるまで、説得し続けるような粘り強さもあったようです。そんな「伊藤綾子」が、爪痕どころか「“大金星”」と言える「二宮和也」との「ゴールイン」を決めたのですから、局内でも「まさに初志貫徹」「本当に東京で夢をかなえた」などと驚かれています。




「日本テレビ」局内は、「祝福ムード」でさぞ盛り上がっている と思いきや、「伊藤綾子」の「“ある対応”」に肩を落としているそうです。

「伊藤綾子」は「二宮和也」との結婚発表に際し、週刊誌などに弁護士を通じて「実名報道やイニシャル、写真の使用もNG」とする書面を送付したと一部で報じられています。これをやや柔らかくした内容ではあるものの、彼女は同様の「FAX」を「テレビ局」や新聞各社などにも送っていたようです。こうした通達があったため、「日本テレビ」は「伊藤綾子」の映像を大量に持っているにもかかわらず、使用は一切「NG」だったようです。このような残念な状況に、他局からも「日テレがかわいそう」と同情されています。

上昇志向があったからこその結果が「ジャニーズアイドル」との結婚ですから文句の付けようのない人生を歩んでいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。