キスマイ★新曲の宣伝を放棄★売る気ない&仕事だよね&ファン指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キスマイ★新曲の宣伝を放棄★売る気ない&仕事だよね&ファン指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「11月13日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・二階堂高嗣」と「千賀健永」が登場しました。「トーク」が大盛り上がりした一方、「エンディング」で「“まさかの展開”」となり、「ファン」から「ツッコミ」が続出しました。

番組冒頭、「北山宏光」が主演を務める、現在放送中の「ドラマ」「ミリオンジョー」「テレビ東京系」について感想を語った「二階堂高嗣」です。同作は、「北山宏光」演じる「マンガ編集者・呉井聡市」が主人公です。「呉井聡市」は「人気マンガ」「ミリオンジョー」を生み出した「漫画家・真加田恒夫」の担当でしたが、ある日、「真加田恒夫」が急死します。「呉井聡市」は「真加田恒夫」の死を隠し、「アシスタント」の寺師と共に連載を続行させようとするも、さまざまな「アクシンデント」が発生する という「ストーリー」です。




「千賀健永」はまだ同作を見ていないらしく、「二階堂高嗣」とまったく話がかみ合いません。そのうえ、「千賀健永」は「“知ったかぶり”」でなんとなく相づちを打っていたため、「お前、適当にしゃべんな!」「違うよ!」「見てよ!」と「二階堂高嗣」から「ツッコ」まれまくります。最終的に、「まだ見てない人は見てほしい!」と熱く「ドラマ」の宣伝をした「二階堂高嗣」でした。

その後、漫画つながりで「週刊少年ジャンプ」「集英社」の話題になります。「2人」とも「大好き」だそうで、毎週月曜日の発売日を楽しみにしているといいます。「二階堂高嗣」は「あの小さな幸せがね 集英社さん、ありがとうございます」と感謝していました。ちなみに、「二階堂高嗣」は以前から「ジャンプ」の人気連載「ONE PIECE」の「大ファン」を公言しており、「同ラジオ」でもたびたび話題に出しています。

そこで今回は、「マニアック」な問題ばかりの「「ONE PIECE」クイズ大会」を2人で行うことになります。作品をかなり読み込まないとわからない「コア」な「クイズ」を出題し合い、「2人」は大盛り上がりします。「番組スタッフ」から「曲いきましょう」と指示が入っても無視するなど、終始「“やりたい放題”」でした。




その結果、「リスナー」からの「メッセージ」を紹介する「通常コーナー」がほとんどできないまま、番組が終了します。さらにこの日は、「Kis-My-Ft2」の新曲「Edge of Days」の発売初日だったのですが、「エンディング」に少し曲が流れただけで、「2人」からの宣伝はほぼ「ナシ」でした。「二階堂高嗣」は「申し訳ないですが、もうエンディングです!」と謝罪しており、「“しゃべりすぎた”」自覚はあったようです。

ですが、「ファン」からは「ええ~!? 今日発売日でしょ?宣伝しないって、売る気ないわけ!?」「ニカ千のラジオ、あまりにも自由!まさか新曲の宣伝せず、漫画トークで終わるとは」「トークをガッツリやってくれるのはうれしいけど、宣伝も仕事だよね?」など、「ツッコミ」の声が寄せられていました。

宣伝をしなくても大丈夫だと思いこんでいることが大けがの元になるのかも知れないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。