長尾謙杜★藤原丈一郎に最低な先輩&ぼやいた訳★情けない&ファン呆れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長尾謙杜★藤原丈一郎に最低な先輩&ぼやいた訳★情けない&ファン呆れ」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の情報番組「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「11月13日」の放送では、「長尾謙杜」と「藤原丈一郎」の「グループ」「“最年少”」と「“最年長”」「コンビ」が「巨大テント作りのお仕事」に挑戦しました。「テント」と聞いて「ピン」とこない様子の「長尾謙杜」と「藤原丈一郎」が訪れたのは、「大阪・大阪市」にある太陽工業株式会社の本社です。「2人」は「オシャレ」な外観に「思ってた以上にテント感がない!」と早速「テンション」が上がったようです。

今回「2人」が学ぶのは、「テント」といっても「キャンプ」で使われるものではなく、建物の屋根に「膜」素材を使った「大型テント構造物」です。「東京ドーム」の屋根にも利用されていると聞き、「藤原丈一郎」は「すごくない!?」と大興奮し、「長尾謙杜」も「やばいっす」と驚きを隠せません。さらに、「埼玉スタジアム」や「東京駅、長居陸上競技場」「大阪」、海外の空港や競技場などの建造物も手掛けていると聞き、「藤原丈一郎」は「こんなグローバルな会社が大阪にあるとは知らんかった」とあらためて感動し、「長尾謙杜」も「えっ世界的にやばいですよね」と声を震わせていました。

まず、「2人」が訪れたのは「大阪・枚方市」にある製造工場でした。もともと、この工場は「1970年」の大阪万博用に作られたといい、世界初の「ドーム型」の「テント屋根」を製作し、膜構造を用いた「パビリオン」の「9割」を手掛けたそうです。大阪万博での成功がきっかけとなり、世界中に「ドーム球場」が誕生したという「エピソード」には、「VTR」を見ていた「スタジオ」の「レギュラー陣」からも「これきっかけで!?」「すごい!」といった声が上がるほどでした。




続いて「2人」は、「ユニクロ心斎橋店」の壁面に使用されている、最新の薄い膜素材の上に乗り、その丈夫さを検証することになりますが、ここでひと悶着ありました。「藤原丈一郎」が「これは絶対に破れる!怖いわほんまに」と言い、「長尾謙杜」に押し付けようと背中を押します。「長尾謙杜」は「怖いっすわ!」と拒否するも、「お前「長尾」、心斎橋ユニクロ最近行ったって言ってたやん!」と無茶苦茶なことを言う「藤原丈一郎」。「長尾謙杜」は「行ったから見ましたもん!」と必死に抵抗しますが、先輩である「藤原丈一郎」に押し切られ、「最低な先輩がいる」とぼやきながらも、膜素材の上に乗ることになります。ですが、実際の乗り心地は「“魔法のじゅうたん”」のようだといい、一転して楽しみだす「“天真爛漫”」な「長尾謙杜」でした。

その後、生地を熱で溶かし圧を加え接着させる「溶着」を体験するなど、いつにも増して学びが多かった今回の「ロケ」でした。視聴者からは「関西のいろいろな仕事を知ることができて、子どもにも勉強になる!」「後輩に押し付けるなんて情けない!」といった感想が寄せられました。

ぼやきながらも男らしく検証しようとした「長尾謙杜」には拍手を送りたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。