キスマイ★Edge of Days★売り上げ減少★ヤバイ&ファン焦り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キスマイ★Edge of Days★売り上げ減少★ヤバイ&ファン焦り」の事をお伝えしたいと思います。

「CDデビュー9年目」にして、悲願の「NHK紅白歌合戦」初出場が決まった「Kis-My-Ft2」です。新曲「Edge of Days」を「リリース」したばかりですが、初日売り上げは前作を下回ってしまっただけに、「ファン」の間で「「紅白」決まってもこの数字じゃ意味がない」などと不安視されているといいます。

「2005年」に結成した「Kis-My-Ft2」は、「ジャニーズJr.」での活動を経て「2011年8月」に「Everybody Go」で「CDデビュー」しました。「メンバー」の「北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣」の「7人」はそれぞれ「ドラマ・映画」や「バラエティ」など多方面で活躍しています。

「グループ」では、数名が交代で出演する「もしもツアーズ」「フジテレビ系」、深夜の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」に「レギュラー出演中」で、今年「4月」より「ザ少年倶楽部プレミアム」「NHK BSプレミアム」の「MC」に就任しました。「同4月」には「サンドウィッチマン」と共演する「10万円でできるかな」「テレビ朝日系」が、深夜帯から「月曜午後8時台」に移動しました。「ゴールデン昇格」を記念した「3月18日」の「10万円でできるかなゴールデン進出SP」は「13.1%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区」の高視聴率を「マーク」していました。




また、彼らは昨年と今年、「埼玉・メットライフドーム」を含む「東京ドーム、ナゴヤドーム、福岡ヤフオク!ドーム、京セラドーム大阪」の「“5大ドーム”」で「コンサート」を行うなど、「若手ジャニーズ」内でも大規模な会場での公演を実施しています。「日経エンタテインメント!」「2019年12月号」「日経BP社」が発表した「2019年」の「コンサート動員力ランキングTOP50」では、「61.7万人」で「5位」に「ランクイン」「公演数は13回」しています。「1位」は「嵐」「181.8万人/公演数は36回」で、「ジャニーズ」で「2番目」となる集客力を持つことが証明されていました。

そんな「Kis-My-Ft2」は、今年に入って「君を大好きだ」「HANDS UP」「Edge of Days」という「3枚」の「シングル」を「リリース」したほか、「4月」に出した「アルバム」「FREE HUGS!」は「オリコン週間ランキング」で「初週20.5万枚」を記録しました。「紅白」初出場を公式発表前に報じた「スポーツニッポン」の記事「9日付」によれば、「リリース面で積極的な活動となったことも初出場の要因」だったようです。ですが、新曲「Edge of Days」の売り上げが「イマイチ」伸びておらず、「ファン」は焦っているようです。

「Edge of Days」は「北山主演ドラマ」「ミリオンジョー」「テレビ東京系」の主題歌に起用された楽曲で、「初回盤A・B」と、通常盤の「計3形態」で販売しています。「12日付」の「オリコンデイリーシングルランキング」では「初登場1位」だったものの、初日の売り上げは、前作「HANDS UP」「7月発売」の「11万4,683枚」を超えられず、「10万7,620枚」でした。同日の「ランキング」は、「2位」が「CrazyBoy」の「DONNA???」「1万4,569枚」、「3位」は「韓国出身バンド・N.Flying」の「Doll/Kick-Ass」「5,346枚」となっています。いわゆる「“強敵”」がいないだけに、「Kis-My-Ft2」の「週間ランキング首位獲得」は確実とみられます。とはいえ、近年の作品と比較すると、「2017年6月」の「PICK IT UP」の「初日8.6万枚」に次ぐ「低スタート」となりました。

今年「2月」の「君を大好きだ」の「リリース時」は、「日韓合同ガールズグループ・IZ*ONE」の「日本デビューシングル」とぶつかったことで、「Kis-My-Ft2ファン」は発売前の段階で「“大量買い”」を呼びかけていました。その結果、初日は「18万3,115枚」の高記録となり、「週間ランキング」も「29.7万枚」で「1位」を「キープ」しました。また、前作「HANDS UP」の際も、発売「2週目」だった韓国の「ヒップホップグループ・BTS」「防弾少年団」の「シングル」が追い上げてきたため、「Kis-My-Ft2ファン」が追加購入に励んだところ「19万6,438枚」で「初週1位」となりました。




今作はこうした「“燃料”」がない分、滑り出しが悪かったのでしょう。初日の売り上げや、「紅白」初出場を受けて、「「Edge of Days」売れてほしい。せっかく「紅白」に出られるんだから、その立場に恥じない売り上げがほしい」「うれしさと同時に、売り上げがヤバイ 20万枚は頑張らないと」「「紅白」も決まったし、追加でCD買おう」「「紅白」初出場が決まったのに、新曲が売れないなんて許せないからご祝儀で買ってくる」と、焦った「ファン」が奮起しています。

その一方で、今年の「紅白」に落選したのが、「2013年」から「6回連続」で出場していた「Sexy Zone」です。昨年「11月下旬」より、「メンバー」の「松島聡」が「パニック障害」の治療に専念するため、活動を休止しました。同年末の「紅白」は「松島聡」を除く「4人」で「ステージ」に立ちました。ですが、今回は「嵐、関ジャニ∞、King&Prince、Hey!Say!JUMP」に「Kis-My-Ft2」が加わり、残念ながら「Sexy Zone」は選ばれませんでした。「3月」に「アルバム」「PAGES」を「リリース」しているものの、「シングル」は「10月23日」発売の「麒麟の子/Honey Honey」のみとなっています。「Kis-My-Ft2」に比べて、「セールス面」などで成果を残せなかった印象です。

「紅白」の一報を知った上での内容かどうか定かではありませんが、「中島健人」は「公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「KenTeaTime」を「2014日午後4時」までに更新しました。「#僕たちはこれから咲くんだ」という「ハッシュタグ」とともに、空の写真を「アップ」していました。その後、「Twitter」上では「同ハッシュタグ」や、「#SexyZoneに花束を」と、「グループ」を労う「ツイート」が続出しました。「Sexy Zoneファン」は「めちゃめちゃ悲しいし、悔しいけど、5人揃った時にまた「紅白」に出れますように」「5人で「紅白」に返り咲こう!」と、前を向いているようです。

「13日付」の「ランキング」は、「Edge of Days」が「2万2,575枚」で再び「1位」となり、「2日間」の合計は「13万195枚」になりました。「週間ランキング」までの売り上げ増加に期待したいですね。

紅白初出場を決めながら皮肉にも新曲の売り上げが減少してしまうとは「ファン」も予想外だったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。