相葉雅紀★感情が上がりすぎちゃって★デビュー20周年★VS嵐企画で涙した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★感情が上がりすぎちゃって★デビュー20周年★VS嵐企画で涙した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」の「3時間スペシャル」が、「11月14日」に放送されました。この日は、「嵐」の「5人」が「Mr.VS嵐」を掛けて戦ったほか、「20周年」を記念して「20」にまつわるさまざまな勝負を行う「二十嵐「ニガラシ」」の豪華二本立てでした。

「Mr.VS嵐」では見事、「櫻井翔」が優勝する結末となりましたが、「二十嵐」で最も注目を集めた「ゲーム」は「体感20分」でした。「5人」が「“体内時計”」で「20分」を測定するという企画で、それぞれ隔離された部屋で自由に過ごし、自分が「20分」だと思ったところで「ボタン」を押し、出てくるというものです。「松本潤」は「仕事の合間によくやることを、スタッフに言って用意してもらった」といい、「櫻井翔」も「「VS嵐」の収録の時にやってるルーティン「をやる」」と宣言し、自信満々なようでした。




その後、思い思いの暇つぶし「グッズ」を手に部屋に入っていくと、「松本潤」は早速うつ伏せになり、「ストレッチ」を「スタート」します。「カメラ」に向かって「次はももの横を伸ばします」などと説明し、「バランスボール」に乗るなどして、最後まで「ストレッチ」をして時間が経過するのを待っていました。

一方、「櫻井翔」は食事をして時間を過ごすことにしました。「サラダ」と食堂の肉吸いに豆腐を入れるという、いつもの食べ方をなぞろうとしましたが、「サラダ」を買い忘れて「大ショック」。ですが、切り替えて肉吸いを食べながら新聞を読み始めます。「10分」を予想する「タイミング」では、「9分55秒」とほとんど誤差がなかったものの、直後に体内時計が狂い始めたのか、まさかの「15分頃」に「ブース」を出てしまい、「20分」には遠く及ばないという結果になりました。

そんな中、ひときわ目立った過ごし方をしていたのが「相葉雅紀」でした。部屋に入った直後から振り付けの練習をし始めた と思いきや、なぜか「A・RA・SHI」を歌って踊りだします。どうやら「A・RA・SHI」で時間を計っていたようですが、「5分後」には、漫画本「スラムダンク」「集英社」を手にし始めます。最初は踊りながら読んでいたものの、次第に漫画の方に夢中になり踊るのを忘れ、「やばい、集中しちゃった」と「ポツリ」。その後はすっかり踊るのをやめ、漫画に没頭します。最終的には「ぐすっ」という音が聞こえ、どうやら感動して泣いている様子です。「20分」経過の「ボタン」を押したものの、部屋からは出ず、ずっと漫画を読み続けていました。

また、「二宮和也」は「ペットボトル」で簡易水時計を作るという「ファインプレー」を一瞬見せたものの、作るまでに掛かった時間がわからず、水時計の速度もよくわからなくなり、結局「30分」を「オーバー」し、失格になります。「大野智」は積み木を作っては崩し、作っては崩しを繰り返すという、不思議な過ごし方をしていました。




結果は、下位の「5位」と「4位」が「二宮和也」と「櫻井翔」でした。また「3位」は「松本潤」で、その「タイム」が「22分46秒」と発表されると、「二宮和也」は「22分で3位!? 楽しいね!」と大盛り上がりします。「1位」と「2位」の「メンバー」が、「20分」という「タイム」に肉薄できたのではないかと、興奮していた様子ですが、「メンバー」からは驚くような目で見られていました。

そんな大注目の結果ですが、「2位」は「20分53秒」で「大野智」、「1位」は「20分41秒」で「相葉雅紀」。「相葉雅紀」は「嵐の「A・RA・SHI」って、「4分30秒」ぐらいでしょ!?」という理由で踊っていたというのですが、「松本潤」に「あれ4分しかないよ」と指摘されると、「えー!?」と衝撃の事実に驚愕します。ですが、「スラムダンク」の「桜木花道」と「流川楓」が「ハイタッチ」をする「シーン」で「感情が上がりすぎちゃって」「ボタン」を押したところ、その「タイミング」が「ミラクル」を起こし、結果「1位」を獲得しました。

放送後、視聴者からは「プライベートが垣間見れて最高だった!」「思い思いの過ごし方、みんなおもしろいな~」「次は5人協力し合うバージョンも見たい!」という声が寄せられました。

「スラムダンク」に没頭できる「相葉雅紀」の集中力には驚いてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。