平野紫耀★ディスってくる&怖いんですよ★橋本環奈に怯える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「平野紫耀★ディスってくる&怖いんですよ★橋本環奈に怯える」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「11月11~15日」は、「現役アスリート・ディーン元気選手」の指導のもと、「平野紫耀」が「やり投げ」に挑戦しました。

「平野紫耀」が「ディーン元気選手」の太い腕や胸筋に圧倒されていると、「スタッフ」が「筋肉は平野も自信あります!」と言い出します。これに「平野紫耀」は「何をそんなに胸張って言ってるんですか?」と「ツッコミ」つつも、「6つ」に割れた綺麗な腹筋を披露しました。

その後、実際の「“やり”」を見た「平野紫耀」は「なんか「“長「おさ」感”」ありません?」と一言。どうやら「平野紫耀」にとっては「“やり”」は、どこかの村の長老が持っている「イメージ」があるようです。そして、何も教わらずに投げてみた最初の記録は「15メートル03センチ」でした。




記録を伸ばすために、まず行ったのは肩の「ストレッチ」でした。「ディーン元気選手」に、「ストレッチ」で肩を伸ばしてもらう「平野紫耀」ですが、かなり痛いようで「ちょっと待って!オニ痛い、オニ痛い、オニ~」「ヤバイヤバイ!」と悶絶します。ちなみに肩まわりが柔らかい「ディーン元気選手」は、四つん這いの状態で「自由に肩甲骨を動かせる」とのことで、それを見た「スタッフ」は「もうできるんじゃない?」と「平野紫耀」にもやってみるよう促します。

ですが、四つん這いになった「平野紫耀」は、肩ではなくお尻をぷりぷりと振っており、「スタッフ」から「お尻振ってるだけ」と「ツッコミ」が。これにはさすがの「平野紫耀」も恥ずかしそうに大爆笑していました。

その後、構えや投げる「フォーム、助走」の練習をした「平野紫耀」の飛距離は劇的に伸び、助走なしの「“立ち投げ”」で「31メートル97センチ」を記録します。「ディーン選手」との「ハンデありの立ち投げ対決」では負けてしまいましたが、「ディーン元気選手」いわく素人は「30メートル飛べば、かなりスゴイ」とのことです。それを考えると「平野紫耀」の記録もかなりの好成績です。

そして最終日は「6投」で「合計210メートル」に挑戦します。また、この日は「スタジオ」に映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」で共演した「女優・橋本環奈」が、「11月」の「金曜パーソナリティー」として出演しており、「橋本環奈」に向けて意気込みを語ることに。ですが、「平野紫耀」は「あ、どうも。この間共演させていただいた平野紫耀と申します。以上です」と自己紹介し、「決してディスらないように、その1点だけです」と「橋本環奈」にお願いしたのでした。




「1投」あたり、「35メートル」を記録すれば目標に達成することになりますが、結果は「1投目」に「37メートル11センチ、2投目」も「36メートル91センチ」となかなかの記録を出します。ですが、「3投目」と「4投目」は「30メートル前半」と記録を落とし、後がなくなった「平野紫耀」。「5投目」で「38メートル47センチ」の「自己ベスト」を更新し、残り「1投」で「33メートル63センチ」を超えれば目標達成というところまでこぎ着けました。

そして「平野紫耀」は、最後の「1投」に精神を集中させる と思いきや、なんと足元に転がっていた「“いもむし”」に気を取られていたらしく、「ナレーション」で「とっとと投げろ」と言われてしまいます。結局、「約1メートル」足りず失敗に終わり、「スタッフ」から再度「橋本環奈」への「メッセージ」を求められた「平野紫耀」は「彼女ちょっと怖いんですよ。すぐディスってくるから」と本音を漏らしました。

「スタジオ」にいる「橋本環奈」からは「全然だめですね」と言われてしまいましたが、「ファン」は「間接的なやりとりなのに息ピッタリ」「やっぱり、かぐや様コンビ最高」「彼女の尻に敷かれてる感が漂っていてかわいい」と「2人」のやりとりを楽しんでいたようです。

天然で優しい「平野紫耀」の性格がにじみ出ていた「橋本環奈」とのやり取りにはほっこりしますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。