二宮和也★結婚2日後のコンサート★櫻井翔はパーフェクト&ファン賛辞の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「二宮和也★結婚2日後のコンサート★櫻井翔はパーフェクト&ファン賛辞の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「20周年記念ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の「北海道・札幌ドーム公演」が、「11月16日」に終了しました。「二宮和也」の結婚発表を受け、初日の「14日」はどんな内容になるのか注目が集まっていましたが、「メンバー」や「ファン」にとっても緊張感の漂う「コンサート」になったようです。

同月「12日、二宮和也」は「ファンクラブ」の「サイト」を通じて結婚を報告しました。お相手は、かねてより交際していた「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」だと報じられており、「ネット」上の「ファン」からは困惑気味の声が続出します。周知の通り、「“匂わせブログ”」の一件で「伊藤綾子」に否定的な感情を抱いている「ファン」も多いだけに、「14日」に始まる札幌公演は「地獄絵図」「「“お通夜状態”」になるのでは」と、予想されていました。




そんな中、「14日」に参加した「ファン」の書き込みによると、「オープニング」の映像で「二宮和也」の顔が「モニター」に映し出された際、「明らかに歓声が少なかった」といいます。罵詈雑言や悪口を叫ぶ不届き者は現れなかったそうですが、やはり「ファン」も複雑な気持ちで「二宮和也」の姿を見守っていたのでしょう。とはいえ、わずかに「結婚おめでとう」と書いた手作りうちわを持っている人もいたと、目撃証言が出ています。

また、「二宮和也」に関しては「体をブンブン揺らしながら手を振ったり、下にも上の方にもファンサービスしてた」「優しい笑顔で、一人ひとりしっかり見てくれてるような感じだった」「普段以上にファンサしてたし、キレっキレに踊ってた」「ダンスはキレッキレだし、ファンサは全力だし 結婚のことなんて忘れさせるくらいだった」「最初は二宮の表情が硬かったけど、だんだん普通に戻っていった」といった「レポート」も。「ファン」の前では、本業の「アイドル」に専念していたものとみられます。

また、「ファン」の間では「櫻井翔」の「“気遣い”」に対して、感激の声が多く上がっています。「櫻井翔」は「1曲目」からお客さんを煽って盛り上げつつ、「夢の世界へようこそ」と、「コンサート」が非現実的な空間であると強調していたそうです。さらに、「MC」中の「告知タイム」で、例えば「松本潤」に振る時は「松本くんからのお知らせをどうぞ」などと促すところ、「二宮和也」に振る時は「映画のお知らせ」と「“映画”」の一言を挟んでいたそうです。これを受け、「二宮和也」は「2020年公開予定」の出演映画「浅田家!」の宣伝に移ったそうです。確かに「ニノからのお知らせ」という前置きならば、「ファン」は結婚の話をするのかと身構えてしまうでしょう。こうした「櫻井翔」の気遣いには、「本当に信頼できる。1秒も会場の空気を不穏にさせない力強さを感じた」「会場をドキッとさせない言い回しをしたのがグッと来た」「MCの翔くん、先回りしてファンのことを考えてくれててパーフェクトだった」と、絶賛されていました。

一方、札幌公演前には、「SNS」上で「開演前にドームを黄色で埋めよう」「「せーの」で「ニノ結婚おめでとう」と言いましょう」との呼びかけが広まり、物議を醸しました。「“黄色”」は「二宮和也」の「担当カラー」であるものの、結婚に反対の人、または祝福したい人 と、それぞれ感情が異なるだけに、「無理に合わせなくていい」「強要されてすることじゃない」と、辛らつな意見が相次いだのでした。ですが、少なくとも「14日」の公演は「ペンライト」が黄色一色になることはなく、「せーの」といった掛け声もなかったようです。




そして、最後まで「二宮和也」が結婚の話題を口にすることはなかったといいますが、終盤の挨拶で「ファン」に向けて「今日は優しさを感じました」と、意味深な一言を残したそうです。さらに、「20年」応援してくれた「ファン」に感謝しながら、「私は変わらず、ずっとここに居続けます」と、今後も「ステージ」に立って「パフォーマンス」を届けると、宣言していたそうです。

もちろん、これらの「メッセージ」で「二宮和也」や「嵐」に見切りをつけた「ファン」もいた可能性もありますが、「ニノの言葉にジーンときた。私は変わらずニノのファンでいるんだなって思った」「始まる前はドキドキハラハラだったけど、始まったらいつもの嵐で、最高の空間だった」「ニノと嵐はいつも通りだったよ。これからもついていく!」と、決意を新たにした人も少なくなかったようです。

せめて「コンサート」の場だけは「ファン」を一番に考え、残りの公演をやり遂げてほしいものですね。

「二宮和也」の私生活が変わっても「嵐メンバー」の気持ちは今まで通り「ファン」に向かっているようですね。



SNSでもご購読できます。