古謝那伊留さん★意味深ブログ★ファン混乱★失踪メンバー・朝田淳弥さんに伝言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「古謝那伊留さん★意味深ブログ★ファン混乱★失踪メンバー朝田淳弥さんに伝言」の事をお伝えしたいと思います。

3月」上旬に浮上した「朝田淳弥さん」の熱愛疑惑を発端に、「ファン」を「ザワ」つかせている「関西ジャニーズJr.」たちです。騒動後は「ファン」の前から姿を消している「朝田淳弥さん」ですがが、同「24日」に最終公演を迎えた「関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2018」「大阪松竹座」にも最後まで「ステージ」に登場しなかったといいます。公演終了後の翌「25日」には、「朝田淳弥さん」と同じ「ユニット」に所属する「古謝那伊留さん」が、「公式携帯サイト」で意味深な日記をつづりました。

朝田淳弥さん」は「ジャニーズ」の「正式ユニット」ではないものの、「古謝那伊留さん大橋和也さん林真鳥さん草間リチャード敬太さん末澤誠也さん今江大地さん藤原丈一郎さん」と共に「funky8」というくくりで関西を拠点に活動中です。「朝田淳弥さん今江大地さん」は「3月1日」に始まった「関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2018」に出演していましたが、同「6日」頃から、「朝田淳弥さん」と「ファッション誌」「ViVi」「講談社」の「読者モデルすみだかほさん」の「ラブラブツーショット写真」が「ネット」上に流出し、「ファン」は大荒れしました。




2人」が「デート中」に撮影したとみられる自撮り「ツーショット写真」などが出回り、「すみだかほさん」が「裏アカウント」に「アップ」していたものが流出したと、「ファン」の間で「ウワサ」になっています。この事態を受け、「朝田もすみだも一般人じゃないんだから自覚持てよ」といった批判的な書き込みが続出し、「朝田淳弥さん」に対して「事務所辞めて」と、怒りを露わにする「ファン」も少なくありませんでした。

その後、渦中の「朝田淳弥さん」は「8日」と「9日」の公演に出演するも、「10日」の昼公演以降は不出演となりました。「体調不良謹慎退所説」などがささやかれ、「淳弥くん戻ってきて8人でfunky8だから」「淳弥が松竹座にいないことがつらい」などと「朝田淳弥さん」の復帰を求める声や、「もし謹慎だとしたら休演のお知らせをするべきなんじゃないの?」と、事務所による説明を求める意見が相次いだようです。

ですが、事態は動かないまま、最終公演の「24日」も「朝田淳弥さん」不在で幕を閉じ、現状は謹慎か退所かも判明していません。そんな中、「古謝那伊留さん」が「25日」に投稿した「Johnny’s web」内の連載「かんじゅ日誌」の内容が、さらなる混乱を呼んでいます。




現在、「古謝那伊留さん」は「ジャニーズWEST」の「コンサート」「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」で「バックダンサー」を務めていますが、「かんじゅ日誌」の「メンバー」に入っていない「関西Jr.」のため、彼らの自己紹介文や、「メッセージ」を載せる「スペース」を提供しました。そんな仲間思いな一面を見せた上で、「最後に僕から皆さんへ」と前置きし、「貴方のたった1つの行動言葉で自分や他人の人生が180度変わる事があります」と綴り、自分の言動が「どれだけの影響を及ぼすか」を考えてほしいと訴えました。言葉や行動に「責任を持ってるように生きて欲しい」、そして自分は皆を良い方向に導ける存在になりたいといった決意表明を書いています。やや説教じみた内容とあって、多くの読者が衝撃を受けていました。

古謝那伊留さん」のこうした文章に対して、「意味深 淳弥くんに向けて言ってる?」と、「朝田淳弥さん」へ訴えかけているのではないかと予測する「ファン」もいれば、「朝田くんの件でファンによるひどい暴言があったからファンに向けた言葉じゃないかな」「ファンが騒ぎ立てたことに対して言ってるんでしょ原因を作ったのは朝田くんだけど」と、受け止め方はさまざまのようです。「朝田淳弥さん」の一件からまだ日が浅い分、「古謝那伊留さん」の「“呼びかけ”」と、熱愛騒動を結びつけてしまうのも無理はないでしょう。

一方、「今江大地さん」は松竹座の公演が終わる前、「21日」の「かんじゅ日誌」で、「funkyみんなで」「ステージに立つためにね」と、「朝田淳弥さん」に復帰の可能性があることを示唆していました。ひっそりと芸能界から「フェードアウト」するのか、それとも何らかの形で「関西Jr.」に戻ってくるのか。しばらくは「朝田淳弥さん」の動きや、周囲の「Jr.」の発言にも注目が集まりますね。

朝田淳弥さん」の事を心配しているが故に気持ちが出てしまった「古謝那伊留さん」の発言でしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。