二宮和也&伊藤綾子★海外移住&ハリウッド進出★マスコミ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也&伊藤綾子★海外移住&ハリウッド進出★マスコミ対策」の事をお伝えしたいと思います。

「11月19日」発売の「女性自身」「光文社」は、「同12日」に結婚を発表した「嵐・二宮和也」について、「グループ」の活動休止後は拠点を海外に移し活動する可能性があると報じました。一番の理由は「“俳優業のため”」とみられているものの、一部業界関係者は「「“世間の雑音をシャットアウトしたい”」という目論見があるのでは」と指摘します。

「12日、二宮和也」は「2016年」から交際が伝えられていた「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との結婚を報告しました。「嵐」は「2020年末」での無期限活動休止を発表しているだけに、「どうして、このタイミング!?」などと「ファン」からは納得できないという意見も寄せられていますが、そんな中「女性自身」は、「二宮和也」が役者として海外で活躍することに意欲を見せていると報道しました。「2006年」に「ハリウッド映画」「硫黄島からの手紙」に重要な役で出演した経験を持つ「二宮和也」は、現在も英語の「レッスン」を受けるなど「“ハリウッド再進出”」を目指しているそうです。記事によると、「二宮和也」が「伊藤綾子」と共に海外移住する可能性も示唆されています。




活動休止後の「嵐メンバー」に関して、「リーダー」の「大野智」は芸能活動自体も休止し、沖縄に移住するという説がささやかれています。

また「櫻井翔」も、「嵐」の休止中は芸能活動の一線から一歩引くと言われるなど、「2021年」以降の話が具体的になってきました。「松本潤」は役者業を継続しつつ、本格的に演出の仕事を展開、一方で、「MC業」が活発な「相葉雅紀」は、報じられている恋人との交際歴が「メンバー」内で最も長いとあって、頃合いをみて結婚するのでは と言われています。

「5人」の再集結を待ち望む「ファン」にとっては、「二宮和也」の海外移住に寂しさを感じるかもしれません。




ですが、「二宮和也」と「伊藤綾子」の結婚にはさまざまな声がありましたし、「妊娠・出産」を視野に入れるとなると、日本では「マスコミ対策」にも苦労するでしょうから、その前に海外移住するというのは「“雑音をシャットアウトする”」という意味で理にかなっていると言えるでしょう。

活動休止まで、残り「1年」ちょっととなりました。最後の瞬間まで、「嵐」として「ファン」や関係者に精一杯の恩返しをしてくれることでしょう。

活動休止以降の新婚生活を雑音もなく過ごしたい気持ちになるのも当然のことでしょうね。「2021年」からは「2人」でゆっくりと過ごしてほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。