丸山隆平★椎名林檎の曲でコメント拒否★好感持てる&好き&言われた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「丸山隆平★椎名林檎の曲でコメント拒否★好感持てる&好き&言われた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「11月17日」の放送回では、「椎名林檎特集」が行われました。

「アーティストゲスト」として、作曲家の「ヒャダイン」と「岩崎太整」が登場し、「スタジオ」では「椎名林檎」の「音楽的なすごさ」を解説しました。さらに、「椎名林檎」本人への「インタビュー」も行われ、作曲法や「メロディーメーカー」としての「プライド」、さらには「椎名林檎」の根底にある「“音楽に対する想い”」まで、本人から赤裸々に語られました。




独特な世界観が持ち味の「椎名林檎」ですが、実は匿名掲示板「2ちゃんねる」「現・5ちゃんねる」や「SNS」の書き込みといった、世間の生の声が発想の元になっているといいます。「「悩みや葛藤など」そのことに対して「曲を」贈りたい」という思いから、楽曲を作り出しているのだそうです。

また、「椎名林檎」が作詞作曲し、「宮本浩次」と「デュエット」している「獣ゆく細道」「2018年」は、「ヒャダイン」いわく「Bメロ部分」が「難解」なのだそうです。これに対し、「椎名林檎」が「己の中のもう一人の己」を表現し、「「“相槌”」を入れるための作り」だと解説します。「ヒャダイン」は「予想の斜め上を、でしたね そんな!」と衝撃を受けていましたが、「村上信五」は「相槌のためにBメロ作るって 俺、意味がわからないです」と苦笑いします。本人の解説を聞いても理解できないほど、難解な作品だと証明されたのでした。

そんな中で「村上信五」が「丸は?林檎さんの曲「どう」?」と「丸山隆平」に質問すると、「コメントしたくないです」とまさかの返答がありました。というのも、「丸山隆平」は「椎名林檎」の「大ファン」だそうで、「村上信五」に「俺がしゃべってもムダ!次いって!ホントすごいから。次ちょっと聴きたいです」と進行するよう促し、自分が話すよりも「椎名林檎」の「インタビュー」を流すことを優先してしまいます。




これには「横山裕」から「ならなんで「スタジオに」おんねん、今日!」と「ツッコミ」が入っていましたが、「ネット」上では「丸山くんのコメントから林檎さんへの相当強い思いが伝わってきてめっちゃいい」「丸山くんの「俺は何もしゃべらない」という姿勢、真のファンだと感じました」など、「丸山隆平」に共感する声が続出します。さらに、「椎名林檎」の「ファン」からも「関ジャニ∞の丸山さん、ガチすぎて大変好感が持てる」「椎名林檎が好きすぎて発言を控える丸山さんを好きになってしまった!」との声も寄せられていました。

「10月25日」放送の「ミュージックステーション」に「椎名林檎」が出演した際、女優の「吉岡里帆」が「ゲスト出演」していましたが、彼女もまた「椎名林檎」の「大ファン」で、興奮のあまり「“半泣き状態”」になっていたことが「ネット」上で話題になりました。「キャー!最高!」「ヤバいです、とろけました」と破顔する「吉岡里帆」に対し、視聴者からは「ガチファン」「そんなに好きなんだ!?」と驚きの声が上がりました。そして実は、「関ジャニ∞」も同日に「ミュージックステーション」へ出演していました。目の前で歌う「椎名林檎」を前に、「丸山隆平」は一体どんな気持ちだったのでしょうか。

教祖様的な憧れの人物に対して「コメント」を求められても答えられない気持ちになるのは仕方がないことですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。