村上信五★言われてみれば見たことのないものを調査した件★ガッカリの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★言われてみれば見たことのないものを調査した件★ガッカリの声」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」と「マツコ・デラックス」が出演する「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」です。「11月18日」の放送にて、「村上信五」が「同番組ディレクター」を心配する一幕がありました。

同番組の「遠藤達也ディレクター」が担当する「コーナー」「言われてみれば見たことのないものを調査した件」が、今回の放送をもって終了すると発表しました。実はこの「コーナー」、際どい「“エロネタ”」を扱うことがあり、視聴者の間で度々物議を醸していました。




「9月16日」の放送回では、「同コーナー」で「お尻の穴の位置調査を再現」という企画が行われ、「グラビアアイドル・青山めぐ」を「トイレ」の便座に座らせ、尻の穴の位置を確認する といった「VTR」が流されました。これには「村上信五」も「なんかもう、生々しいというかね」と絶句し、「あんなめぐちゃん、俺は見たくなかったですよ」と苦言を呈しました。

そんな「遠藤達也ディレクター」の「担当コーナー」が最終回を迎えるということで、「村上信五」は「すこぶる、みんなから不評のやつ。これ、どういうアレかわからんけど、今日ファイナル。どうした?」と「ポツリ」。「マツコ・デラックス」と「村上信五」が「あの人、ディレクター辞めるの?」「卒業?」と心配する中、最後の「言われてみれば見たことのないものを調査した件」「VTR」が「スタート」しました。

すると、冒頭で「今回で38回目を迎えるこのコーナー ネタの劣化に加え世の中とのズレを感じ得ず 今回言われてみれば見たことのないもの 最終回とさせていただきます」という「テロップ」が流れ、「村上信五」と「マツコ・デラックス」は爆笑します。その後、「おっさんは5人くらい集まるとちょっと面白く見える」「木工用ボンドを全身に塗ってはがしたら人の抜け殻みたいになる」といったいつも通りの「VTR」が流れ、「コーナー」が終了しました。




これを見て、「村上信五」は「遠藤達也ディレクター」に「半分以上、「“悲鳴”」やったで」と観覧席の反応に言及し、「マツコ・デラックス」も「ファイナルにして最大のリアクションでしたね」と呼応します。さらに「村上信五」が「声は出てましたよね、お客さんの」と「フォロー」すると、「マツコ・デラックス」が「辞めなくていいんじゃないですか?」と一言。すると、「遠藤達也ディレクター」は「いいっすか?」とうれしそうな表情を浮かべ、「村上信五」も「世間とのズレが楽しんでもらえるようになれば、まだまだ大丈夫じゃないですか?」と「アドバイス」します。「マツコ・デラックス」も「ズレてるから面白いんじゃないですかね?」と、「遠藤達也ディレクター」を激励していました。

すると「遠藤達也ディレクター」は「じゃあ、そうします!」と「コーナー続行」を決心します。「村上信五」はそんな「遠藤達也ディレクター」に「よかった。なんか思いつめてんのかな~って」と気遣いを見せ、「ホッ」とした様子で「スタジオ」からはけていく「遠藤達也ディレクター」に向かって「足取り軽いな、今日!」と、切れ味鋭い「ツッコミ」を入れていました。

ですが、「ネット」上では視聴者から「遠藤Dのコーナーが終わる!うれしい!って喜んだのに、結局続くのかよ」「「夜ふかし」で唯一苦手なコーナー、やっと終わるって思ったのに。ますます見たくなくなったわ」「世間とズレてるのがいい、なんて理由で続くのマジ無理。ズレてて嫌なんじゃない、不快だから嫌なんだよ」「これだけ不評なのに続けるんだね。視聴者のためじゃなく、テレビ局のために放送してる番組なんだってハッキリわかった」など、「クレーム」が続出しました。「村上信五」と「マツコ・デラックス」の判断は、本当に正しかったのでしょうか。

視聴者からの「クレーム企画」なら終わった方が良いと思うのですが。



SNSでもご購読できます。