キスマイ★紅白会見の裏側暴露★めっちゃシカト&緊張でバックレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キスマイ★紅白会見の裏側暴露★めっちゃシカト&緊張でバックレ」の事をお伝えしたいと思います。

「CDデビュー9年目」で、「NHK紅白歌合戦」初出場を射止めた「Kis-My-Ft2」です。「11月16日」放送の「ラジオ番組」「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」「ニッポン放送系」では、「北山宏光、宮田俊哉、横尾渉」が「紅白」記者会見の裏側を語りました。

この日は「キー局」の「ニッポン放送」で「ショウアップナイタースペシャル 世界野球WBSC プレミア12 日本 対 韓国」の放送があり、「オールナイトニッポン」は山形放送など一部地域での放送となりましたが、「メンバー7人」のうち「北山宏光、宮田俊哉、横尾渉」が生出演しました。「北山宏光」は番組前半で、「大みそか、「NHK紅白歌合戦」に出場することになりました~!ありがとうございます!」と「リスナー」に報告しました。

「14日」に行われた「紅白」の会見でも、「北山宏光」は「うれしかったけれど、同時に感慨もありました」などと「コメント」し、「グループ」の「リーダー的役割」を担当しました。ですが、その会見について「「メンバーに」クレームがある」「君らも同罪だから」と「宮田俊哉&横尾渉」に告げたのです。

当初予定していた会見の段取りでは、最初に代表として「北山宏光」が挨拶をした後、記者の質問には「マイクを回しながら、みんなしゃべれるようにしようね」という話になっていたそうです。ですが実際の会見では、




「Kis-My-Ft2の方、質問があります」って言われて、じゃあこれ次、「玉森「裕太」」に「マイク」回そうと思って。玉森にマイクを差し出したら、なんか俺のことめっちゃシカトして。首振ってんの。「いや、ミツやんなよ」みたいな感じ」

と、隣に座る「玉森裕太」が「“マイクを拒否”」したんだそうです。

「えー!みたいな。アイツだからね、あまりの緊張でバックレたの、会見。だから、みんなに、その次の藤ヶ谷「太輔」にもマイク渡らない。だから、もうどうしようかなと思って。藤ヶ谷もなんか、「“スン”」とかって前向いてるし、後ろ向いたら、ちょっと4人「宮田俊哉・横尾渉・千賀健永・二階堂高嗣」と距離あったじゃん。マイク渡すにもちょっと距離感あって。俺、後ろ何回か向いたじゃん。向いた時にさ、結構、4人とも「“スン”」ってしてたよね」

「北山宏光」いわく、ほかの「5人」も同様にすまし顔をしていたとのことです。この指摘を受け、「してないよ!」「宮田」「してないよね。いつでもいけるスタンバイはあったよね」「横尾」と否定する2人でしたが、「北山宏光」から「横尾さんも特に「“スン”」ってしてた」と突かれると、「横尾渉」は「俺はもう決めてた。なんもしゃべんないって」と、あっさり白状します。「なんでだよ!会見をバックレるんじゃないよ!」と怒られるも、「こういう時は、俺みたいな噛んじゃう、滑舌悪いやつはよくない」と、「グループ」の「イメージ」を考えて発言の機会を見送ったと主張しました。

ですが当初の想定通りにいかず焦っていた「北山宏光」からすれば、「全部俺がもう、しゃべってるみたいになっちゃう。みんなしゃべった方がいいなと思ってさ」と、「ボヤ」くしかなったのでした。




一方、会見の終盤には、今年話題になった「ラグビー日本代表」の結束を表した言葉「ワンチーム」にかけて「北川宏光」が意気込みを「コメント」し、その流れから「メンバー7人の中の「現ラグビー日本代表キャプテンの」リーチ・マイケルさんは誰ですか?」との質問が飛ぶ場面もありました。すると、「宮田俊哉」が「僕、宮田だと思います」と自ら名乗り出た上で、「リーチ・マイケルさんと共通点があるんですけど、同じ歳なんです。以上です!すみません、しょうもない回答しかできなくて」と話し、会場が笑いに包まれていました。

実は、記者のこの質問に、「北山宏光」は「えっ!「紅白」の会見の最後これ?って思って。どうする!?」と動揺していたというのですが、そこで突如として「マイク」を握ったのが「宮田俊哉」だったといいます。その時の心境について「宮田俊哉」自身は、

「人生で1回しかないじゃん。「紅白」初出場なんて。俺は絶対しゃべりたかったの。だって、絶対残るじゃん。思い出にもなるし、いいか悪いかは別として、絶対しゃべりたいって思ってて。で、「リーチ・マイケルさんは誰ですか?」「と言われて」あ、俺タメだ!と思って。俺、俺、俺、俺!みたいな。マイクよこせ!と思って。ついにキター!みたいな。だから、本当にあの質問なかったら、俺もしゃべってなかったのよ。本当にあの記者の方が質問してくださった方、マジでナイストライって感じ」

と、興奮混じりに振り返りました。ちなみに、「宮田俊哉」からも「タマがバックレてたのは、見えてたの。後ろから」「めっちゃ緊張してた、タマ」とのことで、「北山宏光」は「でしょ。だから終わった後に俺のとこにタマが寄ってきて「ミツ、緊張した?」「と聞いてきた」。「ふざけんじゃねーよ!」っつって。そりゃそうだ、人生で1回しかない会見で、緊張するに決まってるじゃん。「ミツが珍しく手とか震えてたからさ」とか言って。いやお前、参加しろよ!」と再度ご立腹していたのでした。

「紅白」の本番では、「玉森裕太」はもちろん、ほかの「メンバー」の「トーク力」にも期待したいですね。

「シカト&バックレ」になったとしても後から思えば全て良い思い出になっていますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。