三宅健★嵐はおじさんと認定★若く見えますけど&VS嵐 収録ウラ話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★嵐はおじさんと認定★若く見えますけど&VS嵐 収録ウラ話」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「11月18日」深夜の放送回では、「三宅健」が「ゲスト出演」した「VS嵐 3時間スペシャル」「フジテレビ系、11月14日放送」の裏話が語られました。

同番組は「スペシャル版」として、「嵐メンバー」が「5チーム」に分かれて対決し、最後まで勝ち残ると「Mr.VS嵐」の称号をもらえるという企画を放送しました。「三宅健」は「お笑い芸人・狩野英孝」とともに「相葉雅紀チーム」へ参加し、番組おなじみの「アトラクション」「キッキングスナイパー」と「クリフクライム」で、「二宮和也チーム」と対戦しました。




「三宅健」は「ゲーム」について「僕は「クリフクライム」はやりたくないとアンケートに書いてたんですよ」と、「事前アンケート」で「“NG”」を出していたと告白します。その理由は、以前「三宅健」が同番組で「クリフクライム」に挑戦した際、頂上まで登ったものの「“終了ボタン”」を押し忘れて結果が残せず、これが「トラウマ」になっているからだといいます。ですが、「まあ やらざるを得ない状況になっちゃったんで。先輩として頑張ってやったんですけど」と渋々挑戦しましたが、「相葉雅紀」が「ゲーム」の途中で「ミス」をしてしまい、「二宮和也チーム」に敗北してしまいました。

そんな「クリフクライム」について、「三宅健」は「松潤「松本潤」と櫻井「翔」のチームに選んでほしかった」と「コメント」します。「松本潤チーム」には「King&Prince・岸優太、櫻井翔チーム」には「KUT-TUN・上田竜也」がいたため、「三宅健」は「一番若くてピチピチしてて体が動くであろう岸優太と、肉体系の上田くん。この対戦を見たいじゃないですか?」と、「“本気の対戦”」をするべきだったと指摘します。「だからそこは、松潤と櫻井のチームに選んでほしかったんだけど」と惜しみつつも、「三宅健」は「奴らも若く見えますけども、おじさんなんで。たぶん「クリフクライム」は嫌って選ばなかったんだと思う。と、「松本潤」と「櫻井翔」の心情を推測していました。

また「VS嵐」では、「三宅健」が「相葉雅紀」と「ケンカ」をしながら「キス」で仲直りをする、「お笑い芸人・ダチョウ倶楽部」の「ネタ」のような場面があり、「ファン」を盛り上げていました。これについて「三宅健」は、「あれもなんだったかわかんないよね、突然だから。相葉がたぶん、あいつ、かわいいもんだから「“フリ”」だって思っちゃって、まさかのキスしてきた」と告白します。どうやらこの流れは、「2人」で事前に打ち合わせたことではなく、その場の雰囲気で起きた「“想定外”」の展開だったようです。




ちなみに「三宅健」は、以前「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」に出演した際、「櫻井翔」とも「“ケンカからのキス”」を披露します。今回の「ラジオ」では改めてこれを振り返り、「「嵐で」2人目のキスをするとは、私も思いもしませんでした」としみじみ語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんと相葉ちゃんのチューは台本的なものがあると思ってたけど、違うの!?」「健くん、相葉ちゃんのこと本当にかわいがってるよね~」「このまま嵐5人とキスしそうな勢いの三宅さん すごいな「笑」」といった声が寄せられていました。

「三宅健」の「松本潤&櫻井翔」の心理を知り尽くしたような発言には笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。