SixTONES★Takaプロデュースが滝沢秀明の本命★元ジャニーズを起用したがる訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「SixTONES★Takaプロデュースが滝沢秀明の本命★元ジャニーズを起用したがる訳」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年1月22日」の「CDデビュー」が決定している「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」の「デビューシングル」を、「X JAPAN・YOSHIKI」が手がけると発表されました。「ジャニーズ事務所副社長」で、「ジャニーズアイランド」の社長を務める「滝沢秀明」の「熱烈オファー」によって実現したというのですが、一部業界関係者の間では「滝沢の「“本命”」は別人だった」と指摘されています。

「SixTONES」は、「10月23日」に行った「YouTube」の「Johnny’s officialチャンネル」の「ライブ配信」内で、来年「1月」の「CDデビュー」を発表しました。現在、「ホールツアー」「Rough“xxxxxx”」の真っただ中ですが、「19日」に行われた東京公演中に、楽曲の「プロデューサー」が「YOSHIKI」であることを明かしました。「滝沢秀明」が「“ダメ元”」で直談判したといい、その熱い思いに、「YOSHIKI」が動かされたそうです。




ですが、「滝沢秀明」には「YOSHIKI」以上に熱視線を送っていた人物がいたといいます。

「滝沢秀明」の「“第1希望”」は、「ONE OK ROCK・Taka」でした。「8月」に発売された「女性セブン」「小学館」でも報じられていましたが、「滝沢秀明」は本気で「Taka」に「オファー」を出していたそうです。

「ONE OK ROCK」といえば、今や海外でも活躍する日本を代表する「ロックバンド」ですが、その「ボーカル」を務める「Taka」は、かつて「ジャニーズ事務所」に所属していたことでも知られています。

「2001年」に「ジャニーズ事務所」に入所した「Taka」は、「2003年9月」に「NEWS」の「メンバー」に選ばれたものの、同「12月」には事務所から去ってしまい、「グループ」も脱退した形になりました。一方、「滝沢秀明」は「Taka」が「ジャニーズ」に在籍していた当時から、「ジャニーズJr.」をまとめる「リーダー役」で、「セブン」でも伝えられていたように、両者は当時、「ジャニー喜多川氏」を介して知り合っていました。今年「7月」に「ジャニー喜多川氏」が亡くなり、その遺志を継いだ「滝沢秀明」は、「SixTONES」を世界で活躍できる「グループ」にすべく、「ワールドワイド」な「Taka」に協力を依頼したというわけです。




ですが結局、「SixTONES」は「YOSHIKIプロデュース」の楽曲で「デビュー」することになりました。

「Taka」はこれまで「“元ジャニーズ”」という肩書のせいで「テレビ」に出られない といった、「“芸能界の掟”」のようなものを毛嫌いしていて、周囲にもそう公言していたそうです。それだけに、今や「ジャニーズ」の「“大幹部”」となった「滝沢秀明」からの「オファー」には相当驚いたでしょう。当初は取り合おうともしなかったようですが、その後、「滝沢秀明」の本気さに心を揺さぶられたのか、一度は回答を「“保留”」とする動きもあったという話も。これには、「滝沢秀明」が「ジャニーズを退所したら、芸能界から干される」という慣習を、今後はなくしていきたいと考えていることも少なからず影響したのではないでしょうか。結局今回は、残念ながら話が流れてしまったものの、もし「Taka」が首を縦に振っていたら、それこそ芸能界の誰もが仰天するような、「大ニュース」になっていたかもしれません。

「滝沢秀明」の「“改革”」により、「“元ジャニーズ”」と「“新世代ジャニーズ”」の「コラボレーション」が実現する日はそう遠くないかもしれないですね。

今回に限ってはお互いの距離感を図るいい機会になったように思えますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。