西畑大吾★ちょっと待って&混乱★今まで一番過酷&漏らしたロケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾★ちょっと待って&混乱★今まで一番過酷&漏らしたロケ」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「11月20日」放送では、「西畑大吾」と「大橋和也」が「信楽焼のお仕事」に挑戦しました。「ロケ」は信楽焼でできた狸の置物が並ぶ、「滋賀県・信楽駅」から始まります。「誰かに似てない?よく見る子にめっちゃ似てんねん」と切り出し、「「大西」流星~」と言いながら置物をなでる「大橋和也」に、「西畑大吾」が「やめろ!流星ちゃうわ!」と「ツッコ」む場面も見られました。

続いて「2人」は信楽最大の販売店を見学し、「なにわ男子」とゆかりの深い、「岡本太郎氏」の作品「太陽の塔」の背面にも、信楽焼が使われているという「エピソード」を学びます。その後、「2人」は「1,200度」を超える窯から作品を取り出す作業に挑戦することになり、顔面を「タオル」で覆った姿で登場します。「西畑大吾」は「タオル」を巻かれている最中に、「めっちゃ笑いながら「髪の毛も溶けるから」って言われたから」と不安を口にしていました。

そして、窯の扉が開かれると一気に熱気が広がり、あまりの熱さに「あっつ!ちょっと待って!」と躊躇する「西畑大吾」でしたが、職人から「早くいって。早くいかな色が変わる」と言われてしまいます。その後、職人の指示通り作品を取り出し、わらの上に乗せると作品の熱で藁が一気に燃え広がります。続いて「大橋和也」が、わらと水を使い作品を冷やすとついに完成します。その色合いの美しさに、「2人」とも感動していたものの、「西畑大吾」は「「キャスト」の今までのロケの中で一番過酷なロケやったわ」と本音を漏らしました。




次に、「2人」は「オリジナル」の作品を作ることになり、手先が器用な「大橋和也」は、土から空気を抜く「菊練り」も難なくこなします。一方、「西畑大吾」は「不器用で通っているんで、今回で巻き返していく」と宣言しましたが、案の定ぎこちなく、職人からは「空気をますます入れてしまっている」と指摘されていました。その後はろくろを回し、「大橋和也」は難易度の高いお皿を、「西畑大吾」は比較的簡単なお茶碗に挑戦し、なんとか完成します。焼き上がった作品が「スタジオ」で披露されると、その出来栄えに、「レギュラー陣」から称賛の声が飛び交いました。

番組を見ていた「ファン」からは「西畑くんの不器用なところが愛しい~」「過酷なロケに頑張って偉い!」「ビビりで不器用なところも、全部かわいい」といった愛にあふれた感想が寄せられていました。

過去の「ロケ」よりも過酷だったようですが「西畑大吾」の明日への糧になったことは間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。