永瀬廉★五輪出場を勧められたボート競技★本人は 目指す場所違う&バッサリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「永瀬廉★五輪出場を勧められたボート競技★本人は 目指す場所違う&バッサリ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「11月18~22日」放送回では、「永瀬廉」が「ボート」に挑戦しました。

「ボート」では、「2000メートル」の「直線コース」で「タイム」を競い、種目は「1~8人乗」まで分かれているといいます。今回、「永瀬廉」は「法政大学2年・ポンシアノルカス選手」と「ペア」を組み、「2人乗り」の「ダブルスカル」に挑戦します。




「ボート経験」は足漕ぎの「アヒルちゃん「だけ」」という「永瀬廉」ですが、「法政大学ボート部・波間昭司監督」に指導してもらいます。まず、本番の「10分の1」の距離である「200メートル」に挑みましたが、「オール」を上手に扱うことができず、「ボンシアノルカス選手」との「タイミング」もばらばらです。「2019年」の全日本記録は「2000メートル」で「6分47秒」なのに対し、「200メートル」で「1分57秒」という不甲斐ない結果に終わった「永瀬廉」たちでした。

一見すると「ボート」は、主に腕を使う競技にも見えますが、実際は屈伸運動で「スピード」を上げ、「ボート」が倒れないように全身の筋肉で「バランス」を保つという「ハードスポーツ」です。予想以上の全身運動に「めっちゃしんどい」と倒れ込んだ「永瀬廉」に対し、「ボンシアノルカス選手」は「自分1人で漕いだ方が速い」と「チクリ」。これに「永瀬廉」は大笑いしつつも、「簡単に言うと、お荷物ってことですね」と複雑な面持ちでした。

ちなみに「永瀬廉」は、「1人用」の「ボート」にも乗ってみたものの、監督が支えていないと転覆するような状態になります。「「ボートに乗るだけで」2〜3カ月から半年かかる」と言われ、「そうっすよね。すぐ上がりましょう」と爽やかに「ギブアップ」すると、その後は陸上に戻り、「エルゴメーター」という「“漕ぐ動作”」を「トレーニング」する器具を用いて、「練習スタート」です。こちらもかなり「ハード」な訓練だといい、「永瀬廉」は「はぁはぁはぁ」と息を上げていましたが、「やっば。3日前に食べた肉までちょっと出そうですね、今」と冗談を言う余裕は残っていたようです。




次に、監督お手製の「トレーニング器具」を使用し、「オール」の使い方を学ぶ「永瀬廉」です。手首の動きで調整するのですが、体の動きと組み合わせるとかなり難しい様子で、「「集中するあまり」口が開きます。この作業」とぼやいていました。

そして、再び水上に移り、競技用の「ボート」より「約50センチ」大きい練習用の「ボート」で訓練するものの、まだまだぎこちなく「バランス」を崩してしまいます。本番用よりも安定感があったためなのか、転覆こそ免れましたが、「ただ正直「本当なら」何回か沈没してるな」と危機を感じたようです。ですが、そんな「永瀬廉」も、漕ぎ終えたときには「風になりました、途中」と清々しい表情を浮かべていました。

最終日には、「ダブルスカル」の「200メートル」を「1分」で漕ぎ切る劇的な上達ぶりを見せ、「すごい楽しかったです」と語った「永瀬廉」です。監督からは「来年のオリンピックはこのダブルで」と「ボンシアノルカス選手」との「コンビ」を後押しされ、「目指す場所違うんです」と断っていましたが、「ボート」への挑戦に満足した様子でした。

「永瀬廉」の目指す場所は「キンプリメンバー」で「ジャニーズ」「ナンバーワン」を目指すこなのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。