山田涼介★いたジャンスタッフに本当汚い大人★吐き捨てた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「山田涼介★いたジャンスタッフに本当汚い大人★吐き捨てた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、11月23日放送」に、「山田涼介、八乙女光、高木雄也」が登場しました。新企画「50音全部食べ尽くせ!」が行われました。

「あ」〜「ん」までの「50音」が書かれた「パネル」を持ってさまざまな店をめぐり、食べた「メニュー名」に含まれる平仮名で、「50音」すべて埋めれば「ロケ」が終了するこの企画です。ただし、「濁点・半濁点・小文字」は含まれないため、例えば「えだまめ」だと、「だ「た」」を除いた「3文字」しか「カウント」されない「ルール」です。




とにかく時間がかかりそうな企画ということで、「高木雄也」が「どれくらいやるつもり?」と「番組スタッフ」に質問すると、「午後10時」までは「3人」の「スケジュール」を抑えているとのことです。「10時!?」とうんざりした表情を浮かべる「高木雄也」でしたが、「やってみないとわからない」「八乙女」「感覚がわからないから」「山田」と「2人」は積極的な態度を見せ、「高木雄也」も「マジで早く終わらせよう!」と覚悟を決めるのでした。

今回の舞台は、「東京・高円寺」の商店街です。最初に入った店は、山形県飯豊町の「アンテナショップ」「IIDE」で、長い「メニュー名」の商品を選び、文字数を稼ごうと企む「3人」です。「塩麹漬け唐揚げ」「優しい味!ポテトサラダ」を選んで完食すると、濁点を除いた「13文字」が早くも埋まります。「山田涼介」は「これ、結構余裕かも!」と笑顔を見せました。

続いて、「ドーナツ屋」「フロレスタ高円寺店」で、「キャラメルナッツ」「くりきんとん」「本和香糖」を完食すると、残りは「23文字」になります。ここで「山田涼介」が「俺、まだ全然ご飯食べたい。なんか余裕そうだし」といい、企画を無視して「“食べたいもの”」を選び始めます。それでも、次に訪れた焼き鳥屋で残り「13文字」まで減り、「3人」はますます余裕の表情になりました。




次に中華料理店「孫ちゃん上海焼き小籠包」を訪れ、「羊肉の四川風煮込み」と「干し豆腐和え」、そして「山田涼介」が食べたいだけの「ジャージャー麺」を独断で注文します。ですが、「“おかず”」「メニュー」だと思っていた「羊肉の四川風煮込み」に「“麺”」が入っており、予想外の量に「3人」は苦戦を強いられ、「番組AD」に残りを食べてもらうことになります。ですが別の「スタッフ」から「残してもいいけど、「埋めた」一文字を返却してもらう」と交換条件が出され、思わず「お前、本当汚い大人だよ!」と吐き捨てた「山田涼介」でした。

交換条件として「ほ」を復活させ、残りは「9文字」になります。次に「スペイン料理屋」へ行ったところで、「スタート」から「2時間半」が経過し、これまで「合計14品」を食べた「3人」のおなかは、すでに限界です。残りの「を」「ゆ」「ほ」を求め街を「1時間」歩いたものの、なかなか見つからず。やっとのことで、回転寿司屋「海鮮三崎港」にて「ほたてバター醤油炙り」を見つけて「ほ」「ゆ」を埋め、「パン屋」「しげくに屋55ベーカリー」の「北海道中川郡本別町の「“えりも小豆”」をつかった手づくりあんぱん」で、「を」を発見します。なんとか「50音」すべてを埋めることに成功し、「3人」は抱き合って歓喜したのでした。

この放送に「ネット」上では、「「いたジャン」の新企画めっちゃ面白かった!でもメンバーは大変そう」「大喜びするメンバーを見て、どれだけキツい企画だったのかわかったわ「笑」」「スタッフさんとの絡みも最高!またやってほしい~!」との声が上がっています。

今回に限っては「山田涼介」の気の緩みからの苦しい結果になってしまい「スタッフ」の怖さを改めて感じたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。