二宮和也★ネット上の騒動に言及★まさか語られるとは&なるほど&ファン驚き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★ネット上の騒動に言及★まさか語られるとは&なるほど&ファン驚き」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」です。「11月24日」の放送は、「女優・水野美紀」、お笑い芸人の「バイきんぐ・小峠英二、平成ノブシコブシ・吉村崇、A.B.C-Z・塚田僚一」らを「ゲスト」に迎え、「金のお噺」という企画が行われました。

「ワケ」あって、これまで「テレビ」で語られなかった「“埋もれ話”」を、しゃべりの達人「ゲスト」が披露するという企画です。「二宮和也」の「後輩・塚田僚一」も登場し、ある「“失敗”」を明かしました。




「塚田僚一」は「墓場まで持っていこうと決めていた話」として、「2005年」に出演した「KinKi Kids・堂本光一主演」の「ミュージカル」「Endless SHOCK」での出来事を告白しました。「僕の話は、人生の中で起こしてしまった「“一番のアクシデント”」のお話です。自分にとっては黒歴史で、墓場まで持っていこうと思っていたんですが」と「塚田僚一」が語り出すと、「二宮和也」は「そんな話してくれるの?そのレベルの?」と驚き、何が語られるのか興味津々の様子です。

「A.B.C-Z」は「アクロバット」を得意とする「グループ」で、「塚田僚一」は「Endless SHOCK」の中でも、手をつかず後ろに「バック宙」をする技「ロンダートバック宙」などを披露していたそうです。そんな中、「塚田僚一」は「調子がいい」と感じる日があったといい、いつも通り舞台後方から客席側に向かって走っていき、「ロンダートバック宙」を決めようとした瞬間を振り返ります。

「塚田僚一」は「バック宙」をしたところ、勢いが良すぎて「ステージ」を越えてしまい、客席に座る客の膝に座るような形で着地してしまったといいます。奇跡ともいえる出来事には「ゲスト」から大きな拍手が起こり、「塚田僚一」は「スタジオ」でもその時の「ロンダートバク宙」を再現します。「二宮和也」も感心した表情で拍手をしていました。




また番組終盤では、「二宮和也」と「塚田僚一」が「故ジャニー喜多川氏」の家族葬で「“集合写真”」を撮影した際の秘話を披露します。「塚田僚一」は、「少年隊・東山紀之」が「せっかくだから3人で「写真を」撮るか」と、「錦織一清」と「植草克秀」に声を掛けていたところを目撃したといい、「舞台のワンシーンかのよう」「緊張感がほぐれた」と熱弁しました。

この流れで、「二宮和也」も「それでいうと 僕でいったら「V6の」森田剛です。愛すべき先輩というのは」と、同じく集合写真を撮る際の「エピソード」を披露します。「年齢順っていうか、年代順に並ぼうってなったんだよね」と、事務所所属歴が長い順から後方に立つことになったといい、「二宮和也」は「俺が立ってたら、後ろから「もうちょい左行って」って言われたの。「は、はい」って言って、誰が言ってるのかなってパッて見たら、森田剛だったの」と、「森田剛」から立ち位置を「“指示”」されたといいます。ですが、撮影した写真を見たところ、「森田剛」の顔が半分隠れていたそうで、「二宮和也」は思わず「そこは写ろうよ?何に隠れてるの!?」と「ツッコミ」を入れていました。

実はこの集合写真、以前から「ネット」上で「“心霊写真状態”」だと騒動になっていたため、「ファン」は「あの心霊写真の真相、まさかここで語られるとは!剛くん自ら隠れていたとは「笑」」「なるほど~いかにも剛くんがやりそうなイタズラだ!」「二宮くんの話を聞いてから写真を見ると、さらに面白い」など、盛り上がりを見せていました。

「ネット」上で騒動になっていたことを「二宮和也」も知っていたのかもしれないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。