中間淳太★ストラック9対決★ちょっと待って&武井壮 衝撃の醜態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「中間淳太★ストラック9対決★ちょっと待って&武井壮 衝撃の醜態とは」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「11月23日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、この日は「タレント・武井壮」が登場しました。

「ヨーグルト」が好きだという「武井壮」の「“ささやかな願い”」は、「食べたことのない最強のヨーグルトを探してきて!」というもので、この願いを叶える「ロケ」は、すでに「中間淳太」が実行済みです。ですが、「武井壮」がこの「ロケVTR」を見るには、「WESTメンバー」が出したお題にすべて答えなければなりません。




今回は、「武井壮」が「元十種競技日本チャンピオン」の「スーパーアスリート」であり、「“百獣の王”」という異名を持つことにかけて、「WESTメンバー」とさまざまな競技で対決しながら、お題に答えていくことになりました。

まず最初に行われたのは、「ストラック9対決」です。これは野球の「軟式ボール」を「11球」投げて、「9枚」の「パネル」のうち何枚当てられるかを競う「ゲーム」で、野球を得意とする「武井壮」は「負けるわけあらへん!」と、すでに余裕の表情です。一方の「WESTメンバー」には、野球経験者がほとんどいません。ということで、まずは「メンバー」の実力を確認するため、代表で「メンバーイチ」の「“運動音痴”」、「中間淳太」が「ボール」を投げてみることになりました。すると、「中間淳太」はなんとも言えない「“へっぽこ”」な「フォーム」で醜態を晒してしまい、「武井壮」はその姿に「ちょっと待って!?」と衝撃を受けていました。

そんな中で「ゲーム」が始まるも、「武井壮」は絶対に負けられない「プレッシャー」を感じたせいか「4枚」という微妙な結果になります。続いて「WESTメンバー」が挑戦するもまったく的に当たらず、運動神経抜群な「濱田崇裕」まで失敗します。ですが、「武井壮」は何球か連続で投げていたのに対し、「WEST」は「メンバーチェンジ」があるため、それぞれが「“ぶっつけ本番”」なのです。




すると、すでに一球投げている「“ウォーミングアップ済み”」の「中間淳太」が、「俺、肩温まってるぜ!」と自信満々で登場します。その様子に「メンバー」は「淳太史上、一番カッコイイかもしらん!」と手を叩いて大盛り上がりします。ですが、いざ「中間淳太」が投球すると、「ボール」は的にすら届かず、ある意味「“期待通り”」の展開になります。結局、「小瀧望」が唯一「ボール」を的に当てるも「1枚」に終わり、「武井壮」の圧勝で「ストラック9対決」が幕を閉じました。

放送を見ていた「ファン」からは、「どこまでも期待を裏切らない淳太くんが好き「笑」」「淳太くんの投げ方、見てるとなんかクセになる!」「投げる前まではカッコよかったのに!でもそれが淳太くんなんだよな~!」などと反響が寄せられていました。

「メンバーイチ」運動音痴の「中間淳太」に「メンバー&ファン」も最初から期待はしていなかったでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。