宮田俊哉★もしもツアーズ★批判噴出★残飯処理させるな&頭おかしいの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★もしもツアーズ★批判噴出★残飯処理させるな&頭おかしいの声」の事をお伝えしたいと思います。

「キャイ~ン」や「Kis-My-Ft2メンバー」らが「レギュラー出演」している「旅行バラエティ番組」「もしもツアーズ」「フジテレビ系」です。「11月23日」放送回では、「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」が出演者の「“食べ残し”」の処理を任される場面があり、「見ていて気持ちが悪い」「不愉快だった」と批判が噴出しています。

この日の「オンエアー」は、「女優・芳根京子」と「DISH//」の「メンバー・北村匠海」を「ゲスト」に迎え、「神宮外苑 いちょう祭り」の「グルメ」を「1時間で食べ尽くす」という企画を実施しました。「芳根京子、北村匠海」をはじめ、進行役の「福原遥、キャイ~ン」の「天野ひろゆき&ウド鈴木」の「5人」で屋台を巡っていました。「2軒目」の「牛すじ煮込み」で、「福原遥」が「どうしよう、食べきれないけど」と口走ったところ、「ハハハハ!」と笑いながら、「代打の神様」こと「元阪神タイガース・川藤幸三」に扮した「宮田俊哉」が登場しました。「皆さんの代わりに、食べましょう!」と宣言すると、出演者は「宮田俊哉」が持つお盆に「“食べかけ”」の煮込みを置いていったのです。




「テロップ」では、「宮田俊哉」の役割について、「食べかけの5食を食べきる為の代打」と、補足しました。本人はお店の人に気を使って「おいしすぎてペロリですね」と声をかけつつ、どんどん食べ進めていました。また、「ナレーション」で紹介された情報によれば、「宮田俊哉」は「この日のために昨日の晩から食事を抜いてきたので、コンディション抜群」だったそうです。そんな中、「宮田俊哉」が「いや、これ誰?ジャガイモに歯形ついてるんだけど!」と、誰かがかじった後の「ジャガイモ」が大映しになる場面もありました。「5杯」を食べ終えて周囲のお客さんから拍手が起こった際、「宮田俊哉」は「こんな拍手もらえるなんて!最高の牛すじ煮込みでした!」と、満足げな表情を見せていました。

さらに、「4軒目」で「5人」が「1皿」ずつ「沖縄そば」を味わっていた時にも、「食べきれないですね」と、意味深につぶやく「福原遥」です。再び、「宮田俊哉」が「お呼びですか?」と現れましたが、半分以上ある麺を見るなり、思わず「みんな、残しすぎじゃないですか?」と、本音を漏らしていました。「やっぱり、なんか丼は、1回持ちたいもんね」「天野」「独占したい、みたいな」「芳根」との言い分には、「わかるでしょ!?」「しつこいようですけど、食べられる分だけ頼んでくださいね!子どもじゃないんだから!」「宮田」と「チクリ」。少しでも胃に入れるためか、屈伸した上で麺をすするなど、苦しみながら沖縄そばを食しました。

以降の「牛タン串、唐揚げ、カキ」は出演者「5人」で完食したようですが、最後に芋煮を買った段階で惜しくも「タイムアップ」になりました。結果的に「キャイ~ン」らは一口も手をつけず、「5杯」の芋煮を「宮田俊哉」が全て回収する形になりました。ここまで、「牛すじ煮込み5杯、沖縄そば2杯半」を食べただけに「腹いっぱいっすね」と「ボヤ」いたものの、「おいしい!おなかいっぱいでも優しい感じなんで食べれますね」と、健気に頑張っていたんようです。「エンディング」は一人になり、「これは食の1000本ノックですね」と愚痴をこぼす「宮田俊哉」。「スタッフ」に向けて、「ちょっと 代打の神様とか言いましたけど、みんなで食べてくれませんか?」と、お願いしていました。




「宮田俊哉」が代打の神様として番組に出てきたのは初めてではありませんが、今回のように「“残飯処理”」だけの扱いは、「ファン」にとって目に余るものがあったのでしょう。放送終了後、「もしもツアーズ」の「公式Twitter」は「今回も代打の神様 #宮田俊哉 大活躍でございました」と「ツイート」しました。これに対し、「まさか残飯処理をさせるなんて 今回は特に不快だった」「常識的にも、衛生的にもいかがなものかと思った。大活躍というより罰ゲーム。皆と一緒にお店をまわって、楽しそうな宮田くんが見たい」「インフルエンザがはやっているし、仮にこれで宮田くんが体調を崩した場合、スケジュールは全てキャンセルになる」「歯形がついた食べ残し処理は見てて不快」「食べ物にもお店にも失礼。最後なんて一口も食べないで他人に押し付けたけど、それなら注文するなよ」と、手厳しい指摘が多く寄せられています。

また、「今回の放送内容は不快でしかなかったから、公式の問い合わせにも送った」「「もしツア」の件、やっぱり意見送る。大量に残す演出が面白いと思ってるなら、頭おかしい」「悪気はないと思うけど、衛生的にも常識的にも、スタッフが誰もNGだと思わなかったのが怖い」「衛生面でもダメだし、一般でやったらただのいじめでは?フジテレビにメール送った」と、「フジテレビ」側に抗議する意思を示し、実際に「クレーム」を入れたという声も見受けられました。

「宮田俊哉」本人は、ある意味で「“オイシイ”」「ポジション」だと思って任務を遂行したのか、それとも仕事と割り切って苦行に耐えていたのか。少なくとも、今後は視聴者の気分を害するような内容は控えてほしいものですね。

「ジャニーズタレント」であることを「宮田俊哉」も誇りに思い仕事に邁進してほしいですよね。「ファン」は絶対に見たくない光景ですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。