関ジャニ∞★ジャニーズ特集で紹介されず★無視しないで&悲しい&ファン悲鳴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ジャニーズ特集で紹介されず★無視しないで&悲しい&ファン悲鳴」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「11月24日」の放送には、「ゲスの極み乙女。・川谷絵音、シンガーソングライター・石崎ひゅーい、音楽プロデューサー・zopp」の「3人」が「アーティストゲスト」として登場しました。「この歌の「“この一行がスゴイ!!”」」を「テーマ」に、作詞の「プロ」が選ぶ「スゴイ一行」が紹介されました。




今回は、「Mr.Children」や「BUMP OF CHICKEN」といった「王道メジャーバンド」のほか、「吉田一郎不可触世界、ゆらゆら帝国」など、「マニアック」な「バンド」の楽曲も紹介されました。中でも、「ジャニーズファン」の間では「世間が選ぶ「“ジャニーズならではの甘すぎる一行”」」という「コーナー」に注目が集まりました。

まずは「嵐」の「One Love」「2008年」から、「百年先も愛を誓うよ 君は僕の全てさ」という「フレーズ」が紹介され、「関ジャニ∞メンバー」は納得の表情です。続いて、「KinKi Kids」「愛のかたまり」「2001年」の「X’masなんていらないくらい 日々が愛のかたまり」という歌詞が登場すると、「大倉忠義」が「これもいい曲!」と「コメント」します。「愛のかたまり」は「堂本剛」が作詞、「堂本光一」が作曲を手掛けている楽曲で、「丸山隆平」いわく「女性目線の歌詞うまいよね、剛くんね」とのことで、「村上信五」も「そうやんな」と同調しており、「ジャニーズ」の後輩から称賛を集めているようです。




さらに、「King&Prince」「シンデレラガール」「2018年」の冒頭、「キミはシンデレラガール My precious one」が紹介されると、「関ジャニ∞メンバー」は「あ~!」と納得します。「村上信五」にいたっては、「これは「自分たちには」できへんわ」とつぶやいていました。

この放送に、「ジャニーズファン」からは「「One Love」はいい意味でジャニーズっぽいというか、嵐だから歌える曲よね。紹介してくれてうれしい」「「シンデレラガール」出た~!これはもう鉄板!」など、喜びの声が続出しました。一方、「関ジャニ∞」の楽曲が紹介されなかったことについては疑問があるようで、「忖度しないのがこの番組のいいところだけど、関ジャニ∞の歌詞もいつか特集してほしい!」「関ジャニ∞だって、心に刺さる歌がたくさんあります。無視しないで!」「あえて外してんのかな?って思うぐらい紹介されないよなあ ちょっと悲しい」との声も多数寄せられていました。

自分たちの冠番組のためあえて外したように思えてならないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。