三宅健★木村くんのターンが大好き★ロン毛の頃かっこよかったな~&しみじみ回想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★木村くんのターンが大好き★ロン毛の頃かっこよかったな~&しみじみ回想」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「11月25日」深夜の放送では、「三宅健」が「“ロン毛時代”」の「木村拓哉」を絶賛する一幕がありました。

先週の放送で、「三宅健」は「ジャニーズJr.内ユニット」「Travis Japan」主演の舞台「虎者 NINJAPAN」を観劇したと報告し、そこで舞台「少年隊PLAYZONE’90 MASK」にて披露された楽曲「千年メドレー」の「パフォーマンス」があったことも明かしていました。「僕ら世代には「“伝説の名曲”」だっていわれてる」といい、「Travis Japan」の好演を喜んでいました。




また、「千年メドレー」は「僕たち世代だと踊れる人が限られている」「選ばれし者しか踊れない」とのことで、「三宅健」いわく、「V6」では「森田剛」と「坂本昌行」、「嵐」では「大野智」しか踊れないのだそうです。そんな楽曲を「Travis Japan」が披露することに対し、「このタイミングでやるのはいいことだと思ったし、SixTONESじゃなく、Snow Manでもなく、Travis Japanがやるっていうのが、すごくいいことだなと思いましたけどね」と語っていたのでした。

そして、今回の放送でも「千年メドレー」の話題が。同楽曲の作曲を担当した「ミュージャン・林田健司」について触れ、「三宅健」は「林田健司さんの作ってくれた楽曲って、ジャニーズたくさんカバーしてるから。SMAPなんていっぱいあるよ!」といい、「$10」「1993年」「君色思い」「1994年」「KANSHAして」「1995年」「青いイナズマ」「1996年」と、次々曲名を挙げていきます。

その中から「KANSHAして」を「ラジオ」で流し、「いやー、名曲だなー」と感想を述べたあと、「三宅健」は「俺この時の木村くんの「“ターン”」が大好きなの。首からいくみたいな」「いいよね、ロン毛の頃。木村くん以上にロン毛がきれいな人って見たことがないんだけど。かっこよかったな~かっこよかった」と、しみじみ「木村拓哉」の魅力を語っていました。




「1994年」に放送された「木村拓哉主演」の「ドラマ」「若者のすべて」「フジテレビ系」を振り返る場面もあり、「三宅健」は「ラストでキムタク刺してるのは、井ノ原「快彦」くんなんだよ」と、「メンバー」が重要な役で出演していたことも、ちゃっかり宣伝しました。「今みたいな「“ほっこり系”」じゃなくてさ、「“イケイケ系”」の尖ってた時期だったから」といい、当時の「井ノ原快彦」についても「かっこよかった」と褒めたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんは本当に木村くんのこと大好きだよね。あのターンは目に浮かぶし、私も好き」「木村くん以上にロン毛がきれいな人見たことない うん、マジでその通り!」「そういえばイノッチ出てたね~!すかさずメンバーを話題にする健くん最高「笑」」といった声が寄せられていました。

「三宅健」にとって「木村拓哉」の存在は「雲の上の人&神様」の様な存在のようですね。



SNSでもご購読できます。