大野智★楽屋で鼻ほじくって流血★VS嵐で告白した人生の大一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大野智★楽屋で鼻ほじくって流血★VS嵐で告白した人生の大一番」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が、「11月28日」に放送されました。この日の対戦相手は「元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗」ら「チームラグビー」でした。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、映画「カツベン!」より「俳優・成田凌」と「女優・黒島結菜」が登場しました。




この日の放送では、「廣瀬俊朗」と「櫻井翔」が大学時代の友人ということもあり、盛り上がる見せます。また、「ラストゲーム」「ボンバーストライカー」の前に、「人生の中での大一番」について「トーク」することになり、「松本潤」は「10年前に初めて出させてもらった「紅白歌合戦」」と即答しました。曲中で早着替えに挑戦することになりましたが、「リハーサル」で一度も成功できず、本番が始まってからも楽屋でひたすら練習をしていたそうです。「松本潤」は「たまたま本番だけうまくいった」と振り返りました。

また、「二宮和也」は、「蜷川幸雄」演出の舞台に出演したことが「大一番」だと語ります。「当時、「蜷川氏の稽古には」台詞を全部入れていく習慣があって。俺もそのウワサを聞いていて、なんとか「台詞を」入れて現場に行ったら、「蜷川氏が」「よし、立とうか」って」と、動きを含めた稽古を始めたとのことです。ですが、「二宮和也」は動きまでは頭に入れておらず困惑します。とはいえ、「できない」と言ったら怒られると思い、「できます!」と答えたそうです。その結果、「1人」だけほかの出演者とは反対の上手「かみて」に走っていくなどしてしまい、「全部動きが外れた。大一番の中で1回死んでる」と苦笑いしていました。




そして、「大野智」の「大一番」は、「ミュージカル」に出演した時だといいます。「1度目」の出番が終わり、次の出番まで時間が空いていたため、「楽屋で鼻ほじくってたの。自由だから」と「大野智」。出番が近づいてきた「タイミング」で「結構奥まで「指が」いっちゃってた」といい、指を抜くと水っぽい鼻血が出てきてしまったといいます。そんな中、「ミュージカル」の本番になってしまい、鼻血を気にし、すすりながら踊ったことを告白し、「スタジオ」は大爆笑に包まれました。

この日の放送に視聴者からは、「待ち時間に鼻をほじってるって、ゆるすぎる「笑」!」「人生の大一番が鼻血エピソードって、面白すぎじゃない!?」「松潤もニノもしっかりとしたエピソードなのに、大野君だけ浮いてて最高だった」という声が集まりました。

空き時間の気の緩みから鼻をほじくってしまうことは人間の生理現象なのかも知れないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。