関ジャニ∞★クロニクルが不穏な空気に★大倉忠義の行動に正気か&メンバー困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★クロニクルが不穏な空気に★大倉忠義の行動に正気か&メンバー困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系、11月30日放送」です。今回は「メンバー全員」が出演し、先週に引き続き「関ジャニ∞BASE」の「コーナー」にて、「新ゲーム」「XX-MEN「チョメチョメメン」」が行われました。

この「ゲーム」は、「5人」がそれぞれ自分だけ見ることのできない「“NGワード”」が書かれた「カード」を持ち、ほかの「4人」に「NGワード」を言わせるよう、会話で誘導するというものです。制限時間は「10分」で、最後の一人まで残るか、自分の「NGワード」を言い当てれば勝利となります。初戦の「NGワード」は、「丸山隆平」が「ビール」、「横山裕」が「Tシャツ」、「大倉忠義」が「なんでやねん」、「村上信五」が「6」、「安田章大」が「トランプ」に決まり、さっそく「フリートーク」が「スタート」しました。




まず最初に動いたのは、「丸山隆平」でした。「安田章大」に「NGワード」「トランプ」を言わせようと、「アメリカ情勢の話」を持ちかけ、歴代の大統領の名前を「ブッシュ、オバマ、エリツィン」と語りだします。「村上信五」が「エリツィンはロシアや」と「ツッコ」んだものの、「横山裕」は「今「の大統領」もわからへん」と、「丸山隆平」に協力します。ですが、当の「安田章大」は「パラレルさん?」と答え、思わぬ展開に「スタジオ」は大爆笑に包まれました。仕方なく「横山裕」が「安田章大」に「トランプさんや!」と教え、ついでに「ヤス、ドナルド・トランプのマネして」と指示します。すると、「安田章大」はあっさり「どうも、トランプです」と、あっさり「NGワード」を口走ってしまいました。

続いての試合では、「丸山隆平」が「うそ」、「横山裕」が「へ〜」、「大倉忠義」が「マジ」、「村上信五」が「意味」、「安田章大」が「何」に「NGワード」が決定します。すると突然、「大倉忠義」が「安田章大」の胸に空の「ペットボトル」を投げつけるという、暴力的な行動に出ました。「安田章大」は「あ、いって〜」と悶絶し、「メンバー」からは「正気か!?」という驚きの声が。どうやら「大倉忠義」は、「安田章大」に「何!?」と言わせたかったようですが、狙い通りにはいかず、ただ「スタジオ」を不穏な空気にしただけという結果になりました。

ですが、「大倉忠義」は攻めの姿勢を崩さず、「俺、MC番組決まった」と「ウソ」を言って「安田章大」から「NGワード」を引き出し、さらに「横山くんのマンションにうちの事務所の「Kis-My-Ft2の」玉森「裕太」くん入ってきたの知ってる?」と、またしても嘘の情報で今度は「横山裕」を翻弄します。その結果、「大倉忠義」と「村上信五」の一騎打ちとなりました。




「村上信五」が「若者言葉」の話題を出して「大倉忠義」の「NGワード」「マジ」を言わせようとするのに対し、「大倉忠義」は「「若者言葉の」意味わかってる?」を連呼して、「村上信五」の「NGワード」「意味」を引き出そうとします。そんな攻防の末、「大倉忠義」が発した「意味わかってないやつは?」という言葉につられ、「村上信五」が「意味わかってないやつ?」とつぶやいたことにより、「大倉忠義」の勝利が決まったのでした。

この放送に「ネット」上では、「XX-MEN超おもしろい!いろんなグループでやってほしい!」「このゲーム、メンバー全員の良いところが出て最高。たっちょんが強いのもなんか納得「笑」」「ゲストを呼ばない5人だけの放送なのがうれしい!」といった「コメント」が寄せられていました。

「大倉忠義」の危ない一面を見てしまった「メンバー&ファン」は一瞬、凍り付いたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。