二宮和也★とある番組のディレクターに呆れ★なんのロケなの&愚痴こぼす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★とある番組のディレクターに呆れ★なんのロケなの&愚痴こぼす」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」です。「12月1日」の放送は、「女優・水野美紀」、お笑い芸人の「さらば青春の光・森田哲矢、平成ノブシコブシ・吉村崇、A.B.C-Z・塚田僚一」らを「ゲスト」に迎え、前回に引き続き「金のお噺」という企画が行われました。

「ワケ」あってこれまで「テレビ」で語られなかった「“埋もれ話”」を、しゃべりの達人である「ゲスト」がそれぞれ披露するこの企画です。今回は、「森田哲矢」が「新宿駅東南口で出会った20代女性・Aさんが体験した話」として、怪談話を披露しました。




「Aさん」が高校生の頃、下校中にとある男とすれ違ったところ、男に「スカート」の中を携帯電話で盗撮され、警察に被害届を出しに行ったといいます。その後、警察から「犯人が捕まった」と連絡があり、ひょろっとした中年男性の写真を見せられたそうです。「Aさん」はこれで一安心したものの、その後の生活の中でも、「“嫌な視線”」を感じ続けたのだそうです。

そんな中、「Aさん」が駅の「ホーム」にいると、警察から突然電話が。その時「Aさん」は「言い忘れてたんですけど、あの犯人、双子だったんです」と言われたそうで、「森田哲矢」は畳みかけるように「Aさんがふと嫌な視線を感じる向かいのホームを見ると、犯人とまったく同じ風貌の男がこっちを見てたんです」と「トーク」します。「スタジオ」からは「えー!?」と悲鳴が上がり、「二宮和也」も「本当にあったお話って怖いですね」と戦慄していました。

そんな「二宮和也」も「金のお噺」として、自身が若手時代に出演した「テレビ番組」にて、「自転車で街を散策するロケ」を行った時の「エピソード」を披露します。「番組ディレクター」に「自由にやっていい」と言われたものの、「「道が」二股になっていて、俺が「“右行こう”」と思ったら、ディレクターの人が「“俺は左だと思うな”」って言うんです」と告白します。その後も、「番組ディレクター」は「二宮和也」が行きたい方向と逆を指示し続けたといい、とにかく相性が悪かったそうです。




結局、その「ロケ」は夜中まで続いたらしく、最後にたどり着いた民家の前で、「番組ディレクター」から「もう真っ暗だったけど「行け」って言われて」と、「“突撃”」するよう命じられたのだそうです。ここでも、「二宮和也」が「家に行くのはやめましょう」と断ると、「ディレクター」が「行こう行こう」といい、しばらく「嫌だ」「行こう」の「“押し問答”」が続いたといいます。最終的に、「番組ディレクター」が「じゃあいい、俺が行く」と言い出したそうで、「二宮和也」は「「なんのロケなの?結局」みたいな」と、呆れた顔をしていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ゲストの話だけかと思ったから、ニノの話も聞けてよかった!」「うわあ、そんなスタッフいるのかあ。なんの番組か気になっちゃうな」「ニノちゃん、若い頃はいろいろ苦労したのね。偉い人にもちゃんと意見を言えるのは、さすがだなと思った」といった「コメント」が寄せられていまた。

相性が悪い時にはどんなに修正しようとしても無理なものは無理でしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。