西畑大吾★まいジャニ収録中に突然の涙★あかんわー&感極まった訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「西畑大吾★まいジャニ収録中に突然の涙★あかんわー&感極まった訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「12月1日」の放送は、先週に引き続き、「関西Jr.内ユニット」「なにわ男子」の「藤原丈一郎」と「西畑大吾」が「MC」を務め、「Aぇ!group」「メンバー」の「プロフィール」を紹介していくこととなりました。




今週は、まず「メンバー最年長」の「末澤誠也」が紹介され、特技だという「“手笛”」で、「フクロウ」の鳴き声を披露します。ですが、「藤原丈一郎」が「だいたい想像つくやん」と懸念した通り、手笛の音色はなんとも地味で、「スタジオ」には微妙な空気が。すると突然、「福本大晴」が腕に口をつけ「ビービー」と奇妙な音を鳴らして乱入し、それに続いて「他メンバー」も動物の「モノマネ」をし始めるという展開になりました。見事な「Aぇ!group」の「“団体芸”」に、「スタジオ」は大興奮となりました。

番組後半で行われたのは、「Aぇ!groupメンバー同士」で、日ごろは言えない感謝の気持ちを伝え合う「コーナー」。まず「末澤誠也」は、「11年」の付き合いだという「草間リチャード敬太」に、「2人の秘密もたくさんあります」「リチャとは本当にたくさんのことを経験してきた」などと語り、強い絆を滲ませます。続いて、「草間リチャード敬太」から「福本大晴」へは、「いつも場の空気を考えてギャグを取り持とうとしてくれたり、俺が人見知りのせいで、ロケで声かけるの迷ってる時とか、率先して行ってくれるの、すごい感謝しています」という「メッセージ」が。「福本大晴」いわく、普段は「草間リチャード敬太」から厳しい指導を受けているそうで、だからこそ、この優しい言葉との「ギャップにやられましたね」と「2人」で目を潤ませていました。




そんな「福本大晴」からは、同期でもある「正門良規」に感謝の言葉が。まず、「福本大晴」が「ベース」の演奏で悩んでいた時、「正門良規」が夜中でも嫌な顔せず練習に付き合ってくれたという秘話が語られ、「まっさんがいたから、今でも楽しくベース弾くことができてます。ホンマにありがとう!」と感謝します。すると、司会の「藤原丈一郎」が「横で大吾が「あかんわー、あかんわー」って「言ってた」。大吾までキテたやん!」と「2人」の同期でもある「西畑大吾」が感動で涙していたと報告しました。「西畑大吾」は「いやあ、これは エモい」と「コーナー」の最後までしみじみとしていたのでした。

「ネット」上でも、「ファン」から「笑いと優しさが詰まっていて、いろんな意味で大号泣。Aぇ!groupは最高のグループだよ」「Aぇ!groupステキだな!これは好きになっちゃう。笑いと感動をありがとう!」「こっちが泣きそうだわ~!絶対このメンバーでデビューしようね!」など、熱い「コメント」が寄せられていました。

苦楽を共にした同士でないと分からない気持ちを伝えることで改めて絆が深まっていくようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。