三宅健★嵐のSNS解禁に持論★身近になりすぎ&嫌な人いるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★嵐のSNS解禁に持論★身近になりすぎ&嫌な人いるかも」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「12月2日」深夜の放送では、「三宅健」が「嵐」の「“SNS解禁”」について言及しました。




この日、「リスナー」から「嵐がSNSを始めたのをどう思ってますか?」という質問が届き、「三宅健」は「いいんじゃないですか?としか言いようがないんですけど」と困惑の「コメント」です。そして「嵐のみんなが活動休止までの2年間を、より近くに自分たちを感じてもらえるようにってこともあって、始めたんじゃないかなと思いますけど」と、「SNS解禁」に至った理由を推測していました。

「嵐」は「11月3日、Twitter、インスタグラム」など「5つ」の「SNSアカウント」を開設し、世界中に情報を発信しています。これに加え、「嵐」の「YouTube公式チャンネル、各社音楽配信サービス」でも、一部の楽曲が公開されました。「三宅健」は「音楽ストリーミングサービス」「Spotify」を利用していた時、「嵐の曲が出てきた」ことがあったそうで、「勝手に誰かが出したのかな?って思ったらさ、公式だったっていうね。ビックリしましたけど」と語りました。

近年は「嵐」以外にも、「木村拓哉」や「山下智久」、来年「1月22日」に「デビュー」する「SixTONES・Snow Man、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japan」など、「ジャニーズタレント」が続々と「SNS」を解禁しています。「三宅健」は歯切れの悪い口調で、「ジャニーズもSNSが解禁になって、なんとなく変わってきたというか」「そういうふうに変わっていくのは、面白いのかなあと思いますけど」と前向きな思いを語りつつ、「中には「“手の届かない存在”」でいてほしかったのに、身近になりすぎちゃって嫌だって人もいるかもしれない」と、「SNS解禁」に否定的な「ファン」の存在についても言及します。実際、急速な変化に懐疑的な意見もあり、「ネット」上では「安売りしてほしくない」といった「ファン」の声も見受けられます。




一方、「V6」は「SNS」を解禁していないことから、「三宅健」は「ほら、僕たち「“おじさんグループ”」は、その、「SNS」やってないんで」と自虐的に告白しmす。ここで「番組構成作家・とくむー氏」が、「スマホじゃない人もいましたもんね?」と質問すると、「三宅健」は「いや、ところがもう、長野「博」くんもついに「“スマホデビュー”」したんで」と、勝手に近況を報告しました。「三宅健」は「変わりましたよね もう、あいつ変わっちまったなと思いましたけどね」と語りつつ、「でもよかったですよ、本当に」と「長野博」を祝福していたのでした。

この放送に「ネット」上では、「私はジャニーズにSNS進出は求めていません。健くんの言うように、遠い存在でいてほしかった」「コンサートでカッコいい姿を見せてくれれば、それでいいんだけどなあ」「長野くん、スマホにして正解だと思う!料理の写真がきれいに撮影できるはず!」といった「コメント」が寄せられました。

賛否両論あるとは思いますが「嵐ファン」にとっては必要不可欠の「SNSアカウント」になっているのは間違いないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。