大倉忠義★アダルトサイトの架空請求被害に遭っていた★ジャニ勉で激白 

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大倉忠義★アダルトサイトの架空請求被害に遭っていた★ジャニ勉で激白」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「12月4日」深夜に放送されました。「タレント・渡辺徹」と「小倉優子」を「ゲスト」に迎え、「トーク」を展開しました。




この日の放送で、一番の盛り上がりを見せたのは、「渡辺徹」の「“エロ”」についての強いこだわりでした。「渡辺徹」は「「“エロ”」は全てのクリエイティブの源」だと話し、思春期に知恵を絞り、「“エロ本”」を購入したという「エピソード」を披露しました。ですが、苦労して手に入れた「“エロ本”」でも繰り返し読んでいると飽きるため、試しに指の隙間から読んでみたといいます。すると、「この子の部屋をのぞいている!」という錯覚に陥り、新たな「1冊」として楽しむ方法を生み出したそうです。この「渡辺徹」の「“発想の転換”」に「関ジャニ∞メンバー」たちは「すごい!一枚上手やわ!」「クリエイティブ!」と思わず感心の声を上げ、「村上信五」からは「多角的にとらえるというね!」との言葉が飛び出しました。

さらに「横山裕」は「僕らもそのエッチな本を探しに、淀川とかよう行ったもん」と語り、男子たちの「エロ本」あるある「トーク」で盛り上がります。すると「村上信五」は、黙って「エロトーク」を聞いていた「小倉優子」に「どう思いますか?男の「エロに対して」頑張ってるクリエイティブな思考というのは」と質問します。「小倉優子」は「2人」の男児の母親ということで、逆に「関ジャニ∞メンバー」と「渡辺徹」に対して「お母さんはどうしたらいいですか?」と尋ねると、「横山裕」が「見て見ぬフリ」と即答します。続けて「丸山隆平」は「そういうの「エロ本」が出てきても、机の上にまとめて置かない」、「村上信五」は「整理整頓しないでください」、さらに「大倉忠義」は「そっとしといて!」、「横山裕」からは「急にドアを開けないで!」など、次々と「アドバイス」が飛び出します。「丸山隆平」が「健全な行為だからね!じゃないとたまっておかしなことになるから!」と熱弁したものの、「横山裕」から「お前、「“そのものの行為”」について言うな!」と「丸山隆平」の行きすぎた「アドバイス」に「ツッコミ」が入り、「スタジオ」は笑いに包まれました。

また、「渡辺徹」は「長男・裕太」が高校時代に、「アダルトサイト」の架空請求の被害に遭ったという「エピソード」を明かすと、「大倉忠義」から「あった!」という声がありました。「大倉忠義」も架空請求の被害に遭ったといい、「横山裕」は「めっちゃ覚えてる!」と声を上げます。その後も、男性陣の「エロトーク」は尽きないようでした。




この日の放送について、「ネット」上からは「丸ちゃんがエロくて笑った!」「大倉くんも架空請求されたことがあるんだ」「関ジャニ∞さすがだわ。男子のリアルを語ってる「笑」」といった声が寄せられました。

大人になるまでにはいろんな誘惑に負けまいとしますが、どうしても一線を越えてしまう行動をとってしまうのもある程度は仕方がないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました