神田沙也加★離婚発表前夜★村田充がブログ削除★秋山大河との不倫報道に不可解な点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「神田沙也加★離婚発表前夜★村田充がブログ削除★秋山大河との不倫報道に不可解な点」の事をお伝えしたいと思います。

「12月4日」、自身の「ブログ」で、「村田充」との離婚を公表した「神田沙也加」です。「“円満離婚”」を強調しているものの、「翌5日」発売の「女性セブン」「小学館」では、「ジャニーズJr.」との不倫疑惑を報じられており、どうやら「神田沙也加」の周辺には不穏な空気が充満しているようです。

「2017年、舞台共演者」である「村田充」と電撃婚した「神田沙也加」ですが、「約2年半」で結婚に「ピリオド」を打つこととなりました。今回の離婚発表では「私、神田沙也加は、村田充さんと離婚しておりました事をご報告いたします」として、すでに離婚済みであること、また本来であれば公表は来年「1月」を考えていたものの、一部週刊誌から記事にするとの連絡を受けたため、急きょこの「タイミング」での公表になったこと、さらに離婚理由は、子どもをもうけることへの双方の見解の違いであったことも報告しています。なお同日、「村田充」も「神田沙也加」と同じ旨の離婚報告を「ブログ」に公表しました。

ですが翌日発売の「セブン」では、「神田沙也加」の「“不倫疑惑”」が報じられています。お相手は「ジャニーズJr.ユニット」「MADE」の「メンバー・秋山大河」で、誌面には「11月下旬、神田沙也加」が「秋山大河」の「自宅マンション」から朝帰りする「シーン」の写真も掲載されました。




「神田沙也加」と「秋山大河」は、今年「7月」の舞台「SHOW BOY」共演で距離を縮め、すぐに「“恋人関係”」に発展したといいます。

不可解なのは、「村田充」が同誌の直撃に対し、離婚を否定している点です。その理由について、「村田充」は離婚報告の中で、「ご報告の時期を年始と考えていたため、「週刊誌の直撃に対し」事実とは異なりますが離婚についても否定をいたしました」と説明していたものの、これでは疑問を抱かざるを得ません。

さらに、「村田充」に関しては不可解な点がもう「1つ」あるといいます。事態が明らかになる前日深夜、一度「ブログ」に離婚報告を公開した後、それを一度削除し、その内容を一部改変して、再び「神田沙也加」と「同タイミング」で公開したといいます。

書き換えられたのは、「離婚成立後の9月下旬に、彼女から男性の存在を聞いております」というくだりで、「再アップ」後は「離婚成立後に、彼女からプライベートの報告も聞いております」となっていました。離婚成立後、ほどなくして「秋山との交際を報告された」と言いたかったのでしょうが、さすがに直接的すぎて「マズイ」、と思ったのでしょうか。「神田沙也加」と「村田充」の意思疎通と連携がうまくいっていないのも気になります。




「神田沙也加」は「セブン」の取材に対し、「秋山大河」について「日頃から仲良くさせていただいております」と半ば認める回答をしていますが、「単に友達ができたことを、村田が「男性の存在」「プライベートの報告」などと書くはずもなく、「秋山大河」は明らかに「“神田の新恋人”」なのでしょう。

こうした両者の「ドタバタ」な対応から見えるのは、世間に「離婚の原因が「“不倫”」だった」と思われることを、なんとしても回避したいという思惑です。「ジャニーズタレント」との交際を公に認めること自体、相当珍しい話なのですが、それより「神田沙也加」は不倫ではないことを強調したかったのでしょう。

離婚成立の時期についても、正確には言及されておらず、不倫疑惑も完全に否定された「ワケ」ではありません。謎が謎を呼ぶ展開ですが、果たして「神田沙也加」と「村田充」、そして「秋山大河」の間でこの数カ月の間、一体何が起こっていたのでしょうか。

「神田沙也加&村田充」元夫婦の考えていることが世間一般には理解しがたいということだけは分かりますけどね。



SNSでもご購読できます。