相葉雅紀★ラジオで流行語大賞を決定★下ネタ&最高じゃん&爆笑した言葉とは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★ラジオで流行語大賞を決定★下ネタ&最高じゃん&爆笑した言葉とは」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」です。「12月6日」深夜に放送では、番組内での「流行語」を話し合いました。

その年に話題になった新語や流行語が「2019ユーキャン新語・流行語大賞」が「同2日」に発表され、今年は「タピる」「計画運休」「○○ペイ」「軽減税率」などが選ばれましたが、番組冒頭でこの話題に触れた「相葉雅紀」は、「この番組内の流行語を1つ決めましょうよ! 今年の流行語大賞」と提案します。




すでに「相葉雅紀」の頭の中には、ある言葉が浮かんでいたようで、「番組スタッフ」と一緒に「せーの!」で発表します。すると、「2人」とも「走るチョコバナナ」で一致し、大爆笑する「相葉雅紀」です。ただ、「相葉雅紀」は「これだよね、やっぱ流行語は」と言いつつも、「なんだっけ?それ何で「走るチョコバナナ」って言われたんだっけ?俺が」と、「走るチョコバナナ」が誕生したきっかけまでは覚えていない様子です。

ちなみに、初めて番組内で「走るチョコバナナ」という「ワード」が登場したのは、「10月4日」の深夜放送回です。「相葉雅紀」が「スーパー」で「チョコバナナキット」を購入し、家で作ってみたという話をした後、「マラソン選手にはキャッチコピーがついていることが多い」という別の話題が持ち上がった際、「相葉くんが自分にキャッチコピーをつけるとしたら?」という「リスナー」の質問を受け、「スタッフ」が「走るチョコバナナ」と提案したのでした。さらに、「11月8日」の深夜放送回では、「相葉雅紀」自身が「走るチョコバナナ」の「“グッズ化”」を希望します。「スタッフ」からも前向きな回答を得ており、「相葉雅紀」は「なんかの記念で作ろうか!」と、この「ワード」をいたく気に入っていたのでした。

そのような経緯を忘れていた「相葉雅紀」は、「スタッフ」から「なんか相葉くんのキャッチフレーズみたいなところから、相葉くんが「走るチョコバナナ」の「キャラ」を作ろうってことを真剣に「考えてたよね」」と教わることになります。すると、「下ネタ言ってる?「笑」」と言い出し、「スタッフ」を「全然、全然!」と焦らせていました。




また、「相葉雅紀」と「スタッフ」が「イメージ」する「走るチョコバナナ」は、「テレビ東京開局50周年」を機に誕生したの「キャラクター・バナナ社員」「ナナナ」を「真っ黒にした感じ」だといい、「ナナナをチョコバナナにして、相葉くんが一緒に走ったらどうかな?」と「スタッフ」が提案しました。「相葉雅紀」は「それはいいじゃない!? いつかね俺はね、走るチョコバナナをリアルでやってみたいよ。仮装マラソン大会みたいのあるでしょ?」と自身が「“チョコバナナ”」に扮することに乗り気の様子でした。

これに、「スタッフ」は「仮装じゃなくても」「給水所とかにバナナ置いてありますから」とやんわりと「相葉雅紀」の仮装を阻止し、「走りながらチョコバナナを食べる」という別の案を出します。すると「相葉雅紀」は「最高じゃんそれ。うん、いつでもできるよ、そんなの。OK」と即答し、あらためて「番組の流行語は「走るチョコバナナ」です」と発表したのでした。

この放送に、「リスナー」からは「流行語っていうわりには、忘れすぎ!」「仮装マラソン大会に参加する相葉くんの姿を見たいな~」「「走るチョコバナナ」って言葉、相当お気に入りだね!」などの声が集まっていました。

「相葉雅紀」の脳裏には「走るチョコバナナ」の言葉ががずっと染みついていたようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました