山田涼介★ゆきぽよの嫌味にトゲあったな★苦笑の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山田涼介★ゆきぽよの嫌味にトゲあったな★苦笑の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」「12月7日」放送回は、「山田涼介、知念侑李、八乙女光」が登場しました。「ゲスト」に「お笑いコンビ・ダイアン」の「津田篤宏」と「モデル」の「ゆきぽよ」「木村有希」を迎え、「滑舌カタカナツアー」を行いました。

この企画は、「“長くて読みづらいカタカナ料理名”」のある店を巡り、その料理名を音読して、最後まで噛まずに残った人が「ご褒美メニュー」を食べられるという内容で、「フジテレビ」の「伊藤利尋アナウンサー」が判定人となりました。




前回の放送では、「八乙女が噛むだろう」という「番組スタッフ」の予想を裏切り、早々に「山田涼介」が噛んでしまい、現場が大慌てになっていたとのことです。「山田涼介」は「僕のリベンジマッチみたいなところありますよ」と今回の勝負への意気込みを見せました。

まず一行が向かったのは、代官山にある「カフェ」「Urth Caffe」でした。ここでは団体戦を行い、「全員クリア」できれば、「人気メニュー」を食べられるといいます。お題は「グリルドチキンペストサンドウィッチとチージーディバインスパイスチャイティー」でしたが、「山田涼介、知念侑李」と「クリア」するものの、「八乙女光」が言えずに「チャレンジ失敗」となります。「山田涼介」は「何よりびっくりしたのが、俺、言えた!」と「トップバッター」にもかかわらず、噛まずに言えたことで自信をつけたようです。

ですが、その後の「ツナメルトパニーニとトリュフ風味フライドポテト」で、「山田涼介」は「トリュフ風味フ〜ライドポテト」と言ってしまい、まさかの失敗となります。比較的簡単な問題だったため、周囲から「嘘でしょ?」「ゆきぽよ」「なんでフライドポテトが言えないの?」「知念」「居酒屋メニューくらい簡単」「津田」と責められると、「山田涼介」は「普通のがくると言えない!」と言い訳をし、悔しがっていたのでした。

その後は渋谷の「スペイン料理店」「XIRINGUITO Escriba」に場所を移し、今度は「個人戦で対決する」と告げられると、「ゆきぽよ」は「これで誰にも足を引っ張られない」と「チクリ」。これに対して「山田涼介」は「トゲがあったな、今」と苦笑するしかない様子を見せました。




ここでの対決は、「知念侑李」が勝利します。ご褒美として、本場「バルセロナ」で一番おいしいと言われている「パエリア」を食べ、「めちゃくちゃおいしい」とご満悦でした。

そして最終決戦の場は、丸の内にある「タイ料理専門店」「マンゴツリー東京」でした。ここでも個人戦が行われ、最初に「ゆきぽよ」、次に「八乙女光」と「津田篤宏」が脱落し、「知念侑李」と「山田涼介」の一騎打ちになります。最終問題として「カオオップサパロットとロッチョンナームガティ」「タイ風パイナップル炊き込みご飯と米粉のゼリーを使ったスイーツ」が出題されると、先攻の「知念侑李」は失敗したものの、「山田涼介」は「スラスラ」と答えて見事「クリア」します。「山田涼介」は「いけましたね。俺、びっくりした自分でも」と驚きながら、前回の「リベンジ」を果たしたのでした。

この放送に、「SNS」上では、「クリアできたことに驚いてる山田くん、めちゃくちゃに可愛い」「山ちゃんの笑顔を見られるだけで幸せ」「山田くんに負けた知念くん、まじで悔しそうで愛しい」などの「コメント」が寄せられていました。

「ゆきぽよ」らしい「ハッキリ」とした嫌み発言に「山田涼介」も認めざるを得なかったようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました